• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • オランダ人女優シルヴィア・フークス、『ブレードランナー』続編に出演決定!

16.04.28(Thu)

オランダ人女優シルヴィア・フークス、『ブレードランナー』続編に出演決定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

シルヴィア・フークス

 オランダ出身の女優シルヴィア・フークス(Sylvia Hoeks)が、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編に出演することが決まった。

 映画、舞台、テレビと幅広く活躍するシルヴィアはライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)、ロビン・ライト(Robin Wright)、デイヴ・バウティスタ(Dave Bautista)、キューバ出身のアナ・デ・アルマス(Ana de Armas)らと共に、続編で新しくキャストに加わった。

 フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)の小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とした1982年のオリジナル版の主人公でレプリカントハンターのリック・デッカードを演じたハリソン・フォード(Harrison Ford)は、再びリック役で登場することで決まっている。

 制作するアルコン・エンターテイメントは声明を出し、シルヴィアの演技力を絶賛した。

 「シルヴィアは輝くような才能の持ち主であり、幅広い役でアピールする力を持つすばらしい女優です。世界中から集まった優れたキャストにとって、彼女はまさに最適な人材です」

 シルヴィアは主にオランダなどヨーロッパで活動し、2010年のアカデミー賞(R)でオランダから外国語映画賞にノミネートされた『Tirza(原題)』や、『鑑定士と顔のない依頼人』にも出演している。

 『ブレードランナー』続編には全般的にあらゆるタイプの興味深い才能がそろっており、多様な出演者に加え、優秀なスタッフが制作チームに参加している。

 日本でも公開中の『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督がメガホンをとり、オリジナル版の脚本を書いたハンプトン・ファンチャー(Hampton Fancher)と米ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られるマイケル・グリーン(Michael Green)と共同で脚本を手がけている。脚本はハンプトンがオリジナル版で監督を務めたリドリー・スコット(Ridley Scott)と一緒に考案したアイディアをベースにしており、スコット監督はエグゼクティブ・プロデューサーとして続編に参加する。

 スコット監督は先日、『Blade Runner 2(原題)』のオープニングシーンの詳細について、Mtimeのトッド・ギルクライスト(Todd Gilchrist)記者に明かしたことがある。

 「オリジナルのスタートをベースに映画を始めると決めている。ディストピア世界という設定は以前からとても気に入っていたし、『工場農場』と呼ぶ、農耕のための平らな大地で映画は始まる」とスコット監督は話している。

 続編は2017年10月6日に全米での公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。