16.04.27(Wed)

エル・マクファーソン、肌は内側からきれいにするのが一番!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エル・マクファーソン

年齢をまったく感じさせない容姿を、あいかわらず誇り続ける豪州出身の元祖スーパーモデル、エル・マクファーソン(Elle Macpherson、52)。

「自分の着る服を選び時には、自分の肌色やヘアカラーに合っているものを考えて選ぶわ。それに加えて、自分の高い身長を恰好よく見せるために、快適ではあるが、だらしなくない感じのシルエットになるように注意するの」と、身長182センチのエルはウェブサイトThe New Potatoに対して語っている。「あとは、とにか、なるべく微笑むようにすること。ダメだなぁと思うところがあっても、何にせよ、印象がよくなるから」

お肌のケアは、丁寧に日々黙々と行うというエルだが、重要視しているのはやはり食生活。野菜や果物、脂肪分の少ないタンパク質をバランスよく摂り、時々ダークチョコレートなどで自分を楽しませるようにしている。

「ココナッツオイル、アボカド、雑穀、果物、肉は魚類、それが自分にとっては一番調子がいいみたい」と、エル。「麦類、砂糖、乳製品を摂るのを一番避けるようにしている」

肌を内側からきれいにするためにエルが気にかけているのが、肌を酸性寄りに、血液をアルカリ性寄りに保つこと。肌は表面積が大きいので、食生活上の間違った選択が必ず表に見えてしまうというのがエルの考えだ。

「真皮や皮下組織を健康にするのが大事だけれど、これは体内からしないと効果もないし、長持ちもしない。皮膚は身体の中でもっとも大きい器官だということを肝に銘じておかないとね。体内組織だから、結局は内側から癒さないとしょうがないのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。