16.04.21(Thu)

マドンナ、勝手に駐禁にした公共スペースを元に戻す!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マドンナ

 ニューヨークにある自宅外の公共駐車スペースを勝手に駐禁にして隣人とトラブルになった人気歌手のマドンナ(Madonna)が、駐車スペースの色を元の灰色に戻した。

 マドンナは3月、アッパー・イーストサイドのタウンハウス前に設置した、「居住者専用 無断駐車は所有者の経費負担により撤去」と書いた標識を取り外すよう市から命じられ、メディアの注目を集めた。また、「駐車禁止」という言葉も歩道に書かれており、その近くのカーブの縁石を乗降と積み下ろし以外の駐車が認められていないことを示す黄色で塗っていた。

 マドンナは騒動の発覚後、Instagramで報道が事実と認め、こう挑発していた。

 「市が黄色が嫌いなのは残念だわ! ステキで陰気な灰色に塗って、隣人を幸せにしてあげるわよ!」

 ここへ来て、建設会社「Arc3」は米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」の取材に対し、週末の直前にマドンナ側から連絡があり、元に戻す指示を受けたと認めた。同社の広報は、一段高くなった「駐車禁止」のレタリングを水平にし、「カーブの色をイエローから軍艦グレー」に変えたとつけ加えた。

 マドンナは今回の駐車禁止にまつわる騒動以外にも法的トラブルを抱えている。数ヶ月前から息子ロッコ(Rocco, 15)の親権をめぐり、元夫で英映画監督のガイ・リッチー(Guy Ritchie)と親権バトルを繰り広げている。ロッコは昨年12月にロンドンの父親のもとを訪ねたが、その後ニューヨークに戻ることを拒んでいる。

 マドンナは当初、ニューヨークとロンドンで訴えを起こしたが、イギリスでの手続きは先月、マドンナからの要請で中止になった。

 ジャスティス・マクドナルド(Justice MacDonald)判事は元夫妻に対し、長期に及ぶ法廷バトルを続けて残り少ないロッコの少年時代を見守ることができないリスクを選ぶよりも、和解するように促していた。

 「夏は永遠には続かない」と判事は指摘した。「少年はすぐに大人になる。速やかに遠ざかっていく大切な少年時代の日々が、この争いによって少しでも失われることは、ロッコにとってとても大きな悲劇となるだろう」

 どうやら元夫妻の関係は以前より改善したらしく、ガイは18日、ワインボトルを手にマドンナのロンドンの自宅を訪れる姿を目撃された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。