• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • TOPSHOPとタッグを組んで新ブランドを設立したビヨンセ、ロンドンで行われたお披露目イベントを欠席

16.04.15(Fri)

TOPSHOPとタッグを組んで新ブランドを設立したビヨンセ、ロンドンで行われたお披露目イベントを欠席

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ビヨンセ

「TOPSHOP」と合弁会社を設立してスポーツウェアのブランド「アイヴィー・パーク(Ivy Park)」を立ち上げた米歌手ビヨンセ(Beyonce, 34)が、13日にロンドンで行われた初コレクションのお披露目イベントを欠席して招待客をがっかりさせてしまった。ビヨンセと夫ジェイ・Z(Jay-Z)の4歳になる愛娘ブルー・アイヴィー(Blue Ivy)ちゃんの名前を冠した同ブランドは、クロップトップやスウェットシャツ、レギンスなど、スタイリッシュなスポーツウェアを取りそろえている。アメリカで初コレクションが発売される前日にロンドンで行われたお披露目イベントは、一足先に注目ブランドの商品を手にする機会としても注目されていた。

ビヨンセがイベントに姿を見せなかったことについて、ある情報筋は「当初、ビヨンセは出席してくれるだろうとTOPSHOP側は期待していました。彼女が登場しなかったためにイベントは台無しになり、招待されていたセレブリティーも興味を失ってしまいました」と、英Daily Mirror紙にコメントしている。

TOPSHOPのオーナーでファッション界の大物として知られるフィリップ・グリーン卿(Sir Philip Green)によると、ビヨンセは商品開発のプロセスに積極的に参加していたという。「彼女は商品開発に積極的に携わり、1つ1つのアイテムを自分でチェックしていました。スタッフも彼女と仕事することを楽しんでいましたね。彼女はレギンスにほどこすプリントや商品の色などについても、積極的に意見を出してくれました」と、13日に掲載されたUSA Today紙のインタビューで明かしている。グリーン卿によると、ビヨンセは商品の裏地やサポート力、フィット感などに特にこだわっていたという。

イベントに登場しなかったことについて、ビヨンセ側は「もともと出席を予定していなかった」と主張しているとDaily Mirror紙は報じている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。