16.04.14(Thu)

リンジー・ローハン、ロシア人実業家との婚約報道を否定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エゴール・タラバソフ&リンジー・ローハン

 お騒がせ女優のリンジー・ローハン(Lindsay Lohan, 29)の広報担当者が、リンジーがロシア人の恋人と婚約したという報道を「事実とは異なる」と否定した。

 リンジーが先週末、現在交際中の実業家エゴール・タラバソフ(Egor Tarabasov, 22)にプロポーズされ、彼女も応じたというニュースは12日、複数のメディアが一斉に報じた。

 しかしリンジーの広報を務めるハンター・フレデリック(Hunter Frederick)は米People誌に対し、リンジーに結婚する意思はないと断言し、「報道は事実と異なり、何のメリットもありません」と声明でコメントした。

 もし婚約が事実だったとすれば、2人の関係はまさに劇的な展開になっていた。2人は2015年に交際をスタートし、リンジーは3月、ロンドンにあるエゴールの自宅に引っ越したと明かしたばかりだ。

 リンジーはエゴールとの交際についてほとんど語ろうとしないが、先日、英The Sun紙とのインタビューでは彼について熱く語っていた。

 「エゴールとは最近知り合ったばかり。7ヶ月くらい前から会っているわ。とてもステキな人よ。彼とは夏に会ったの。今はすごく幸せ」とリンジーは打ち明けていた。

 2人はロンドンで共通の知人を通じて知り合ったとみられている。リンジーは2014年にウエスト・エンド地区で舞台「スピード・ザ・プロウ」に出演して以来、ロンドンで暮らしている。アメリカから移住する前は、複数の違反行為により何年も保護観察処分が続くなど、法的トラブルを連発していた。しかしロンドンに移ってからはトラブルのない生活を送っている。

 「アメリカでは、いつもそんなことばかりされてきたの」とリンジーは説明した。「私に誰かと熱愛報道が出ると、必ず『この男性はリンジーにとってすごく良い存在だ。おかげで彼女は変わった』と言われたものだわ。私に言わせれば、『ク*くらえ』みたいな気持ちだった。なぜなら自分のために努力したからよ。自分で自分の面倒をみているのに、世間は失敗させようとする」

 「私が自分に対してやった中で一番賢いのは、ロンドンに引っ越したことよ。ロンドンには1人で来たわ。ここに来るのは大きな決断だった。最初は誰も知り合いがいなかったから」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。