• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • チャド・クルーガー、元妻アヴリル・ラヴィーンをジュノー賞授賞式に同伴!

16.04.05(Tue)

チャド・クルーガー、元妻アヴリル・ラヴィーンをジュノー賞授賞式に同伴!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

チャド・クルーガー&アヴリル・ラヴィーン

 カナダの人気ロックバンド、ニッケルバック(Nickelback)のチャド・クルーガー(Chad Kroeger)が3日、カナダのグラミー賞とも言われる音楽の祭典「ジュノー賞」授賞式に元妻で人気歌手のアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)を同伴し、復縁の憶測に拍車がかかっている。

 ニッケルバックは惜しくもロックアルバム・オブ・ザ・イヤー賞を逃したものの、チャドは昨年9月、結婚から2年で離婚を発表したアヴリルと一緒だっただけに、忘れられない夜になったようだ。2人はカナダ・カルガリーにあるスコシアバンク・サドルドームで開催された授賞式のレッドカーペットを一緒に歩いた。アヴリルはカナダのエンターテイメント情報番組「Etalk」に対し、チャドの心の支えとして一緒に来ただけだと答えている。

 「ニッケルバックがノミネートされたからチャドと一緒に来たの」とアヴリル。「彼のサポートのためにいるわ」

 チャドも復縁の可能性については語ろうとせず、「バンドメンバーと一緒に歩くのに飽きたから、そこらへんで美女を見つけてきたんだ」とアヴリルについてジョークを飛ばした。

 授賞式に先立ち、アヴリルはInstagramで自分のルックスをジョークのネタにしてみせた。チャドやニッケルバックのメンバーに授与された、2003年に初めてジュノー賞を受賞した時の動画を公開している。

 チャドは授賞式で、カナダの音楽の殿堂入りを果たした歌手のバートン・カミングス(Burton Cummings)に記念のトロフィーを授与した。

 チャドは今年2月、クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)と米レコーディング・アカデミーが主催する2016年グラミー賞プレパーティーにもアヴリルと一緒に出席していた。

 アヴリルとチャドはどちらも授賞式で結婚指輪は身につけていなかったものの、2人が今も親しい友人であることは明らかだ。破局後も音楽では一緒に仕事を続けている。

 アヴリルはSNSで結婚式の写真を公開し、チャドとの離婚を表明した。

 「チャドと私は今日、別離という心の重い発表をします。結婚だけではなく、音楽も通じて、私たちはたくさんの忘れられない瞬間を一緒に作ってきました。私たちは今も、そして今後もずっと最高の親友であり続け、お互いに対する深い思いやりを持ち続けていきます。家族、友人、そしてファンのみなさん、サポートに心から感謝しています」

 チャドと再婚する前、アヴリルはカナダのロックバンド、サム41(Sum 41)のデリック・ウィブリー(Deryck Whibley)と結婚していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。