• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • アリエル・ウィンター、過酷な家庭環境で世間の注目を浴びながら成長した苦労を告白

16.03.25(Fri)

アリエル・ウィンター、過酷な家庭環境で世間の注目を浴びながら成長した苦労を告白

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アリエル・ウィンター

 米TVシリーズ「モダン・ファミリー」で知られる女優のアリエル・ウィンター(Ariel Winter, 18)が、安全な家庭や支援体制がないまま有名人として成長することは苦しかったと振り返った。

 母クリスタル(Chrystal)から精神的・身体的な虐待を受けていたとされるアリエルは昨年、長い裁判を経て独立した未成年者と認められた。このため自分の仕事や生活環境、お金の使いみちについては自分ですべて管理している。

 その前は姉のシャネル(Shanelle)が2012年に後見人となっていたが、それ以来、姉が与えてくれた支援のすべてに感謝している。

 「姉は人生で最高の存在なの」とアリエルはエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)が司会のトーク番組で振り返った。「実際、一番の親友だし、何よりも大切な人よ。どんな時でもそばにいてくれた。本当に愛しているわ。誰よりも姉を頼りにしているの」

 「この業界で幼い頃から仕事をするのは本当に大変だけど、小さい頃から母親なしで成長するとなおさらだわ。すごく悲しいことだったけど、同時に、親から独立して、より良い、より安全な家と支援システムを持つことは、精神的にも身体的にもずっと良かった。母と口をきかない理由は、あまりよく考えたことがないの。広く知れ渡っていることだけど、自分からあまり話そうとしない理由は、母が公然と私に与えてくれなかった尊敬の気持ちを与えてあげたいからなの」

 アリエルは今月、朝の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」に出演した際、母とは3年半前から話していないと告白。親からの独立を選んだ理由については詳細を語ろうとしないが、数年前にクリスタルがトーク番組「Dr. Phil」に出演したことについては口を開いた。アリエルは母がただ単に自分をよく見せようとしているだけだと感じ、あまり注意は払っていなかったと認めた。

 「結局のところ、そうすることが私には必要だったの」とアリエルはつけ加えた。「私を助けてくれた人ちは、人生で大切な人たちだし、いつもそれを忘れないように努力してきた。私を愛し、支えてくれる人たちの意見は大事なの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。