16.03.19(Sat)

リアーナ、ビヨンセとの対立関係を否定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リアーナ

 人気R&B歌手のリアーナ(Rihanna, 28)が同じく人気歌手のビヨンセ(Beyoncé)と対立しているという噂を真っ向から否定した。

 2人が不和にあるという噂は、リアーナがニューアルバム『アンチ』をリリースした直後にビヨンセが新曲「Formation」を発表した直後から過熱。ビヨンセは夫でラップ歌手のジェイ・Z(Jay Z)のサポートがあってブレイクしたリアーナの成功に水を差したと報じられた。

 リアーナは新曲の発表を遅らせなかったビヨンセに動揺を感じたものの、こうした「ネガティブな」騒動はまったく気にしていないという。

 「いい、よく聞いて」とリアーナは米Vogue誌とのインタビューで力を込めた。「こういう人たちはネガティブなこと、競争をあおることに夢中なの。ライバル関係をはやし立てることに。そんなことに振り回されたくないわ。私は私にできることをするだけよ。他人にやってもらうなんてありえない」

 リアーナとビヨンセの対立は、ジェイ・Zがリアーナと仕事を始めた10年前からまことしやかに語られてきた。

 一方でリアーナは表紙も飾ったVogueとのインタビューで、ファッション界でもトップを目指す意向を明らかにした。彼女は昨年、黒人として初めて高級ブランド、ディオール(Dior)の広告モデルに抜擢されている_。

 「ディオールの顔になるだけでも光栄なのに、初の黒人女性になったことには特別な思いがあるわ」とリアーナはつけ加えた。

 リアーナはスポーツアパレルのプーマ(Puma)のクリエイティブディレクターも務めており、ユニセックスコレクションを発表したばかりだ。

 「兄弟がやっていたことを、ずっと前からやってみたかったの」とリアーナ。「男の子たちがするようなゲームをしたり、暴れたり、ズボンを着て外に出たりしたかった。女性は男性だけがすると思われていることをすると、力を得たように感じるものよ」

 「壁を破ったような解放感を感じるの。『私にもできるんだ』と感じることは、権限を与えられたと感じることと同じだわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。