16.03.11(Fri)

マライア・キャリー、自身のリアリティ番組がスタート?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マライア・キャリー

人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey, 45)が、新しいリアリティ番組に出演することに同意したと報じられた。米UsWeekly誌によると、マライアは現在、ラスベガスでの定期公演の舞台裏にせまったドキュメンタリー風のシリーズものの撮影を行っているという。この番組では、今年5月に終幕予定のマライアのワールドツアーにも密着している。

「最高よ、彼女は撮影中とても面白いの」とある関係者が同誌に語った。

報道によると、番組名は「マライアズ・スクワッド」とされ、音楽ファンに世界的歌姫の1人であるマライアの実生活を深く知ることができる内容になっているという。彼女のマネージャーはリアリティ番組のプロデューサー経験があるようで、今回の企画はすんなりと立ち上がった様子。同番組の放送日はまだ明らかになっていない。

もしこの噂が事実であれば、彼女の心境になにか大きな変化があったのだろう。というのもつい昨年、マライアはリアリティ番組に出演するのはあまり居心地が良くないと認め、スポットライトを浴びたがる人は好きではないと語っていた。

「世間に知られるような技術や能力を持たずに、有名になることが目標の人たちもいるわ。今は本当の姿でいるだけで…いえ、演じている…だけで有名になれるもの。あれこれやる必要はないのだけど、ある意味やるべきことが多いわね」とマライアはイスラエルでの記者会見でレポーターに語った。「あとは、その人の一生は有名人でいることがすべてになる」。

「リアリティ番組に出るのは苦手だったの。常に私にカメラを向けている人たちと一緒にいるのは無理だと。とっくに前からそんな感じだから、もう十分」。

今年に入ってマライアのテレビ出演に関する話題はこれが初めてではない。1月16日に人気TVドラマ「「Empire 成功の代償」」の監督らが同ドラマにマライアがゲスト出演するという報道を否定した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。