• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジョニー・デップ、「ウォーキング・デッド」に「切断された首」でカメオ出演!

16.03.10(Thu)

ジョニー・デップ、「ウォーキング・デッド」に「切断された首」でカメオ出演!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジョニー・デップ

 俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp)が、米人気TVシリーズ「ウォーキング・デッド」に生首としてカメオ出演していたことが話題になっている。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで知られるジョニーの切り落とされた頭が放映されたのは6日夜、最新シーズンの第12話のことで、ほんの数秒間だけだった。

 実際にはジョニー本人ではなく、監督も務める特殊効果メイクの名匠グレッグ・ニコテロ(Greg Nicotero)が作った、ジョニーに似せた生首だった。ヒルトップコロニーのリーダー、グレゴリーにそっくりという理由で選ばれた他の2つの生首と一緒に、あるシーンで並べられた。グレゴリーを演じるザンダー・バークレイ(Xavier Berkeley)は石膏で型をとる時間が取れなかったため、グレッグは自分とジョニーに似せたものを提案し、目ざといファンがいるかどうか確かめたかったようだ。

 「実はグレゴリーの生首は私の型で作ったんだ」とグレッグは米Entertainment Weekly誌に語っている。「2つのうち、もう1つの頭は、こう言うと問題になるかもしれないが、ジョニー・デップのものだ。以前に作ってあった、やつれ顔のダミーヘッドを粘土彫刻の原型にして、ジョニー・デップの頭に似せたんだ」

 「3人目(の頭)は誰だったか思い出せないけど、良い仲間だ」とグレッグはつけ加えた。

 この3つの生首はセットで大人気となり、ノーマン・リーダス(Norman Reedus)は持って帰りたいとグレッグに頼んだという。

 「ノーマンは撮影が終わったら頭をもらいたいと繰り返し言ってたよ!」とグレッグは笑った。

 ジョニーは今回、「ヘッドショット」でポーズをとったわけではないが、変わった番組にカメオ出演することも多く、以前は英TVシリーズ「The Vicar of Dibley」や最も好きな番組の1つでもある「The Fast Show」にも登場した。

 「あれは最も誇りに思う功績の1つで間違いないよ」とジョニーは英Daily Mirror紙に語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。