16.03.09(Wed)

トム・ヒドルストン、次の007役に名乗り?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

トム・ヒドルストン

 『マイティ・ソー』シリーズで悪役ロキを演じた英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)が、将来ジェームズ・ボンドを演じることについて「途方もないチャンス」だと意欲を見せている。

 現在はダニエル・クレイグ(Daniel Craig)がボンドを演じており、『007/カジノ・ロワイヤル』、『慰めの報酬』、『スカイフォール』、『スペクター』の4作で主役を務めた。ダニエルがシリーズを降板した後を引き継ぐのに最適な役者として大勢のスターの名前が取りざたされているが、トムはイドリス・エルバ(Idris Elba)、ダミアン・ルイス(Damian Lewis)、トム・ハーディ(Tom Hardy)、コリン・ファース(Colin Firth)、エイダン・ターナー(Aidan Turner)、マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)らと共に自分がリスト入りしていることにテンションが上がっている。

 「TIME誌の集計では、候補者リストに100人くらいの役者が入っていて、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)まで含まれているんだ」とトムは英The Sunday Times紙とのインタビューでボンド役候補の噂に触れた。「でもそうだね、この100人の中に入るのは良い気分だよ。シリーズの大ファンなんだ。ハワイで『Skull Island』の撮影をしている時にみんなで観に行ったよ。テーマ曲、言葉づかい、神話、そのすべてがとにかく大好きなんだ。すべてが気に入っている。もし僕に出番が回ってきたら、途方もないチャンスだね」

 肉体的にきつい役どころだとしても、トムは007をうまく演じる自信があるという。

 「身体的な困難が伴うことはよく分かっているよ」とトムは強調した。「軽く考えてはいない」

 トムは『キング・コング』の前日譚となる新作映画『Kong: Skull Island(原題)』で英陸軍特殊空挺部隊(SAS)のメンバーで追跡の名手を演じており、元軍人の指導のもとで役作りに励んだ。スクリーンでは猛者を演じる自信があっても、実際に軍事作戦に参加することは得意ではないとも話している。

 「SASに入隊できるほど自分が強いとは思っていないけど、だいぶ成長したよ」とトムは笑顔を見せた。

 『Kong: Skull Island』は昨年の10月から撮影が行われており、2017年3月10日に全米で公開される予定だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。