• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • チャーリー・シーン、元妻ブルック・ミューラーに養育費の減額を要請!

16.03.07(Mon)

チャーリー・シーン、元妻ブルック・ミューラーに養育費の減額を要請!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

チャーリー・シーン

 俳優のチャーリー・シーン(Charlie Sheen)が、元妻でリアリティ番組のスターとして知られるブルック・ミューラー(Brooke Mueller)に対し、子どもへの毎月の養育費を減らしてほしいと頼んでいるという。

 チャーリーは現在、ブルックとの間にもうけた双子のボブ(Bob, 6)君とマックス(Max)君のため、毎月5万5,000ドル(約630万円)を支払っているが、チャーリーはこの金額で合意した後に収入が激減したと主張している。

 チャーリーとブルックは2008年に結婚したが、2011年に離婚。米People誌が入手した法廷書類によると、チャーリーは主演していた人気コメディシリーズ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」を2011年に降板するまで、毎月61万3,000ドルの収入があった。ブルックとの養育費の合意はその年になされている。

 チャーリーは最近、「ハーパー★ボーイズ」の権利を2,670万ドルで売却しているが、HIV感染が判明して以来、毎月2万5,000ドルの医療費がかかるなど、他の支払いもあるため、養育費を支払えないと主張している。

 チャーリーは現在、毎月平均で8万7,384ドルの収入があるとしながらも、約100万ドルの裁判費用と60万ドルのクレジットカード負債があるとも強調している。

 チャーリーは2月、健康情報トーク番組「ドクター・オズ・ショー」に出演した際、2人目の妻で女優のデニース・リチャーズ(Denise Richards)との間に生まれた娘サム(Sam, 11)ちゃんとローラ(Lola, 10)ちゃんへの養育費も減らしてもらいたいと認めた。

 デニースには毎月5万5,000ドルを支払っていると明かした上で、チャーリーは「かなり前にある数字で合意した。あの時は最高の仕事があったし、みんな派手な生活をしていた。今はそうじゃないが、あれだけの金を今も支払い続けないといけないと期待されているんだ」

 「ある時点までくると、もうどうしようもなくなる。感謝の気持ちというのが一切なくなると特にそうだ」とチャーリーは続け、デニースとの緊張関係について言及した。「誰かから税抜きでそれだけの金をもらえるなら、1時間おきに花を贈ってもいいくらいだ」

 チャーリーが養育費の減額を求める公聴会は4月13日に開かれる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。