• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ドレイク、リアーナとの復縁説浮上もマジな交際復活には二の足を踏む!?

16.03.07(Mon)

ドレイク、リアーナとの復縁説浮上もマジな交際復活には二の足を踏む!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ドレイク

バルバドス出身の人気歌手リアーナ(Rihanna、28)は、カナダ出身のラッパー、ドレイク(Drake、29)とのコラボ曲「Work」を含む自身の新アルバムを1月末にリリース。2月16日に行われたブリット・アワード(BRIT Awards、英国レコード産業協会主催)授賞式の際には、ドレイクと息の合ったパフォーマンスで同曲をステージ上で披露していた。

リアーナとドレイクは、同授賞式の前にはロンドンのナイトクラブ「Libertine」において、一緒にダンスしたりキスを交わしたりしているのを目撃されていた。かつて何度か交際していた時期があるふたりだけに復縁したとの観測も流布しているが、ふたりの周囲からはそれを否定する見方が出されている。

「ドレイクとリーリー(Ri-Ri、リアーナの愛称)は、相性が抜群ではあるのだけど」と、ふたりの共通の友人である情報筋が英Heat誌に語っている。

「ドレイクがリアーナにすごく惹かれているのは間違いないが、リアーナが相手となると妥協なしに自分をすべて捧げないと付き合えないのも良く知っていて、そこまで自分がコミットすることが出来ないのも彼自身よく分かっている。リアーナと仲良く一緒に遊びたいとは思っているけれど、リアーナのボーイフレンドになりたいとは考えていないと思うよ」と、その情報筋は解説している。

「リアーナに間違った印象を与えまいと、ドレイクは気を使っている。何せ、リアーナとくっつけば、たちまち彼女から25通ぐらいメールが毎日のように怒涛のように送られてくることになるが、ドレイクとしては過去の経験から、そういうのはもう二度とゴメンだと思っているからね。もっとも、一方のリアーナの方は、ドレイクに対してまだ気が残っているようだけれどね」

ドレイクは、2014年にRolling Stone誌に対して、リアーナが自身にとって最高のタイプの女性だと語ったことがある。

「だって、彼女は男が妄想する究極の“いい女”じゃないか。『彼女とそうだったら、最高だろうな』と考えるよ。一緒にいるとふたりで楽しい、カッコウいい女性さ」

リアーナの過去の恋愛相手としてこれまでに取沙汰されてきた名前の中には、アカデミー賞受賞俳優レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)、人気音楽プロデューサー兼アーティストのトラビス・スコット(Travis Scott)、 F1レーサーのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)、人気ラッパーのクリス・ブラウン(Chris Brown)などの錚々たる顔ぶれが揃う。特にクリスとは真剣交際の時期が続いたものの 、クリスがリアーナに暴行を加えるという形で関係が2009年に破たんしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。