• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ティナ・フェイ、アカデミー賞で「Atelier Versace」のドレスで魅せるも美人女優とは競わない!?

16.03.04(Fri)

ティナ・フェイ、アカデミー賞で「Atelier Versace」のドレスで魅せるも美人女優とは競わない!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ティナ・フェイ

現地時間の2月28日に米カリフォルニア州で行われたアカデミー賞授賞式に、「Atelier Versace」の素晴らしい紫色のドレスで出席して美しかった女優&脚本家のティナ・フェイ(Tina Fey、46)だが、そこは『サタデー・ナイト・ライブ』に7シーズンほど出演したコメディエンヌのティナだけに、褒め言葉に対して笑いで返すのを忘れなかった。

「アカデミー賞の式場に着いて、自分の恰好について良い気分になっていたのだけれど、シャリーズ・セロン(Charlize Theron)のようなひとが入場してくるのを見て、自分はもう裏口から出て行こうと思ったわ」と、ティナはPeople誌に対して語った。「もうゴミと一緒に運び出してください、ってね」

この夜のティナは、宝石デザイナーブランド「ハリー・ウィンストン」(Harry Winston)の価格370万米ドル(約4億円)のダイアモンドのネックレスに、「ブルガリ」(Bulgari)の見事なサファイアのネックレスを重ねるという贅沢なアクセサリーの組み合わせで登場。宝石は借りたもので返さなくてはならないだろうが、「Atelier Versace」のドレスの方はこのまま貰えるのではないかと秘かに期待しているとティナは言う。

「洗濯してから返すのが普通かしら?Versaceに返すのか、このまま貰えるのか、実は知らないの」

ティナ担当のメイクアーティストであるジータ・バス(Gita Bass)は、この夜のティナのメイクは往年のハリウッド大女優をイメージしたものだったとThe Hollywood Reporterに対して語っている。

「クールでセクシー、現代版のエリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)を狙いました。若いころのエリザベス・テイラーをね」

鮮やかな紫色のドレスに合わせ目元はパープル系のスモーキーなアイシャドウにする一方で、口元はニュートラル色のリップでバランスを取ったメイクに仕上げたそうだ。ジナが使ったのは、プロメイクブランド「NARS」の製品とのこと。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。