16.02.27(Sat)

R&B歌手のミゲル、結婚式のプランをフィアンセに丸投げ!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ナザニン・マンディ&ミゲル

 グラミー賞受賞経験のあるR&B歌手のミゲル(Miguel, 30)は、結婚式のプランニングをフィアンセに丸投げしている。

 ミゲルは1月、12年前から交際している恋人でモデルのナザニン・マンディ(Nazanin Mandi)にプロポーズした。結婚についてはテンションが上がっているものの、晴れの日を準備することについては全くタッチしていないという。

 「結婚式のプランニングには関わっていないんだ。すべて彼女に任せているよ」とミゲルは24日夜、米深夜トーク番組「The Late Late Show with James Corden」で司会のジェームズ・コーデンに語っている。「女性のすることだと思っているんだ。彼女はずっと前から結婚したがっていたのを知っているし、どんな式にしたいか色々考えていたから、横槍を入れて台無しにしたくない。男性は女性の夢を壊してばかりだからね。だから最初からトラブルを起こすわけにはいかない」

 運命の相手との結婚を控えているとはいえ、ミゲルは高校時代は異性に奥手だった。あるパーティーで意中の相手に近づく時に、勇気を振り絞った時のエピソードを披露している。

 「高校の時はパーティーなんてほとんど行ったことがないけど、一度、ある子をずっと見つめていたのを覚えているよ。はたから見れば、すごく不器用で無様だった」とミゲルは笑った。「そしてやっとドリンクを持って立ち上がり、自分に『さあ、これから行くぞ』と言い聞かせた。そして足を一歩踏み出した瞬間、コップが手から滑り落ちて飲み物が体中にかかったんだ。『さあ、帰るぞ!』と思ったよ」

 そんなミゲルは現在、音楽界で最もホットな若手スターの1人で、これまでにビヨンセ(Beyonce)やマライア・キャリー(Mariah Carey)、ロード(Lorde)らとコラボしている。女性アーティストに楽曲を提供する時は、あのパーティーでの出来事を参考にできるともつけ加えた。

 「(あのハプニングで)良かったところは、自分がパーティーでクールなヤツだと仮定して、同じ場所でグラスを落とさず、あの子に何て言っていたのかを想像できることだよ」とミゲルは説明した。「いつもあの場所に戻っているんだ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。