• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 契約訴訟で敗訴したKE$HA、リース・ウィザースプーンら女性スターからの支援が拡大中!

16.02.25(Thu)

契約訴訟で敗訴したKE$HA、リース・ウィザースプーンら女性スターからの支援が拡大中!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リース・ウィザースプーン

 人気歌手のKE$HA(ケシャ)が先週、ソニーとの契約解除を求めて起こした訴訟で敗れたことを受け、女優のリース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)やアン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、マリスカ・ハ−ジティ(Mariska Hargitay)らもKE$HAを支援する女性スターらに加わった。

 ニューヨーク地裁は「Tik Tok」などのヒット曲で知られるKE$HAが10年前に_音楽プロデューサーのドクター・ルーク(Dr. Luke)とソニーの両者と交わした契約を継続すべきだという判断を示した。彼女はドクター・ルークに性的・精神的虐待を受けたと主張し、契約解除を求めていた。

 判決が報じられると、歌手のリリー・アレン(Lily Allen)やデミ・ロヴァート(Demi Lovato)がKE$HAへのサポートを表明。テイラー・スウィフト(Taylor Swift)はKE$HAの裁判費用を肩代わりすると宣言し、支援を買って出た。

 ここへ来て、米人気TVシリーズ「Girls/ガールズ」で知られるレナ・ダナム(Lena Dunham)が自身のメルマガ「Lenny Letter」で今回の問題について意見を書き込んだことに触発されたリースとアン、それにマリスカも支援の輪に加わった。

 アンとリースはレナの記事を転載した。『わたしに会うまでの1600キロ』で知られるリースは「レナ・ダナム、KE$HAの裁判を理解するのを助けてくれて、そして虐待された人たちのために立ち上がってくれてありがとう」と書き込み、「#KE$HAを自由に」というハッシュタグを添えた。

 『プラダを着た悪魔』などに出演しているアンは「KE$HAを支持する。この裁判を知らない人のために言うと、レナ・ダナムが今週のLennyでとても分かりやすく書いて、KE$HAの悪夢を説明しているわ」

 一方、マリスカは「大勢の虐待を受けた人たちにとって、被害を公にすることは最もつらいこと。それは最初のステップでしかない。そんな中で前に進むKE$HA、あなたに力を送るわ」

 KE$HAはソニーとの契約で、虐待を加えたドクター・ルーク以外のプロデューサーとの仕事を禁じられていると主張。彼は虐待の事実はないと否定し、契約では彼女が他のプロデューサーと仕事できるようになっていると反論した。

  またドクター・ルークは2011年の公聴会で明らかにされたKE$HAの宣誓証言についても言及。この中で彼女はドクター・ルークが「性的な誘いかけ」をしたり、ドラッグをのませようとしたりしたことはなかったと証言している。しかし彼女の代理人を務めるマーク・ゲラゴス(Mark Geragos)弁護士は23日、米芸能情報サイト「TMZ」に対し、ドクター・ルークはKE$HAに偽証を強要したと語っている。

 KE$HA自身も同日、Twitterでファンのサポートに感謝する声明を発表した。

 「感謝で言葉にならない。ありがとうでは足りないけど、それしか言えない。100万回、そして永遠に感謝しているわ。みんなが寄せてくれた支援の言葉のせいで涙が止まらなくて、顔が腫れ上がったくらい。みんな、本当に愛してる。このフォーマット(140字の制限)では表せないほどの声明を送るわ…」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。