16.02.25(Thu)

ケンダル・ジェンナー、ブリーチによる眉毛の抜け毛に悲鳴!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ケンダル・ジェンナー

米人気モデルのケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)は、相変わらず世界のトップデザイナーたちのファッションショーに引っ張りだこだが、そのことによる顔への負担がなかなか大変なようだ。。

先頃のニューヨークファッションウィークで、「マーク・ジェイコブス」2016年春夏コレクションのランウェイを歩いたケンダルだが、その後「デザイナーさんたちが、わたしの眉毛を染めたりしていじるのが一番つらい」と自身のウェブサイトで愚痴をこぼしている。

「眉毛に何かされるたびに、眉毛から抜けるものが出てパニックに襲われてしまう。文字通りポロッと抜け落ちるのよ!ブリーチされるのは大嫌い」

これに対して、化粧メイクブランド「NARS」の創始者で「マーク・ジェイコブス」のショーのメイクを統括するフランソワ・ナーズ(Francois Nars)は、レディ・ガガ(Lady Gaga)などもキャットウォークを歩いたこの時のショーでは、マークにはモデルたちがみなシュールなルックでいてもらうことが必要だったと述べている。

「眉毛をブリーチしたのは、顔を白いキャンバスのようにしたかったから。元々の眉毛の形に制限されたくないですからね。モデルさんたちには、まるでマスクを被っているかのような感じで舞台の上に出てもらいたかったのです」

ちなみにエンタメ&ビューティ系ウェブサイトBustle.comは、ブリーチなどで弱った眉毛の毛包の回復には、「ひまし油」を刷り込むことを推奨しているので、ケンダルと同じ悩みのひとには、ご参考まで。

それはともあれ、ファッションウィークのショー出演のみならず、その他の仕事でも活躍が目覚ましいケンダル。妹で同じくモデルのカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)とタッグを組んだ姉妹の洋服コレクション「Kendall + Kylie」がリリースされたばかりで、「Neiman Marcus」、「Nordstrom」、「Saks Fifth Avenue」、「Bloomingdale’s」、「Lord & Taylor」などの米有力デパートで取り扱い中である。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。