• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • レベル・ウィルソン、ワン・ダイレクションのファンから殺害の脅迫が来たと告白!

16.02.22(Mon)

レベル・ウィルソン、ワン・ダイレクションのファンから殺害の脅迫が来たと告白!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レベル・ウィルソン

 『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどで知られる豪コメディ女優のレベル・ウィルソン(Rebel Wilson)がエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)が司会のトーク番組「エレンの部屋」に出演した際、ゲストの英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)との距離があまりにも近かったためにファンから殺害の脅迫が送られたと暴露した。

 自身もワン・ダイレクションのファンであるレベルは昨年末、「エレンの部屋」にサプライズ出演し、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)らメンバーを驚かせた。しかしワン・ダイレクションの若いファンは、レベルが写真撮影の際にメンバーたちに近づきすぎたことを不快に感じ、さらにレベルがハリーに痴漢をする真似をしたことで怒りが爆発したようだ。

 19日に放映された「エレンの部屋」に再び出演したレベルは、ファンからひどい扱いを受けたと告白した。

 「まあ、ハリー・スタイルズを性的に暴行したと批判されたってわけ」とレベルは打ち明けた。「12歳くらいの女の子たち3人が、すごく不満だったみたい」

 「私たちはただ、楽しい時間をすごすプロのエンターテイナーとして振る舞っていただけ。彼もそれを楽しんでいて、そうTwitterでツイートしたら、余計に殺害の脅迫を送ってきたわ。あの子たちは彼らが大好きで、いつか一緒になれると思っているけど、『まあ、あんたたちが一緒になることはないから分かってよね』と言ったの」

 また先日、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)のラスベガス常設公演初日の会場でジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)をナンパしようとしたレベルはエレンに対し、ラッパーのドレイク(Drake)が大好きだとも告白。付き合いたい相手の名前を言うゲーム「Who’d You Rather」の中で、ハリーやジャスティン、ザック・エフロン(Zac Efron)、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)、同じく豪出身のリアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth)らよりもドレイクとデートしたいと明かした。

 さらにレベルは、ドレイクを恋人役として映画に出演させようともしていたと暴露した。

 「ドレイクに『ピッチ・パーフェクト』で恋人を演じてほしかったけど、まだ実現していないの」とレベルは打ち明けた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。