16.02.17(Wed)

グウィネス・パルトロー&クリス・マーティン、離婚後も関係は順調!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブライス・ダナー

 女優のブライス・ダナー(Blythe Danner, 73)は、娘で同じく女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)とその元夫で英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin)が、「意識的脱夫婦」として離婚した後もうまくやっていると誇りに思っている。

 グウィネスとクリスは2014年、10年間の結婚生活にピリオドを打つことを宣言した。元夫妻は娘のアップル(Apple, 11)ちゃんと息子のモーゼス(Moses, 9)君をもうけているが、ブライスによると、2人はどんな状況でも子どもたちを最優先にしていると明かした。

 「あの2人は特別な関係なの」とブライスは15日、出演した英テレビ番組「Lorraine」で語った。「子どもたちを最優先にしているわ。お互いをサポートする様子は、ポジティブさを気取ったものではなく、本当に裏表がないの。『意識的脱夫婦』のことを、『何のつもり?』と疑問視する人も中にはいる。でも2人はちゃんとやっているわ。子どもたち、そして家族を優先していて、クリスマスも休日も一緒にすごしている。うまくやっていて、とても誇りに思うわ」

 母になって以来、グウィネスは映画『アイアンマン』シリーズやTVドラマ「glee/ グリー 踊る♪合唱部!?」に限られた出演をする以外、女優活動から一歩身を引いている。しかしブライスは、子どもたちが大きくなったら娘が本格的に活動を再開するだろうと希望を持っている。

 「娘からたくさんのことを学んだ。すばらしい母であり、すぐれた女優だもの」とブライス。「子どもたちが大きくなったら、娘にカムバックしてほしいと思っているの。なぜなら娘のような存在は他にいないし、何でもできるからよ」

 そんなブライスは次回作『I’ll See You in My Dreams(原題)』で初めて主演を務める。同作は年配の女性が夫を亡くした後で恋をするというストーリーだ。13年前に夫ブルース(Bruce)を失ったブライスにとっては現実を反映する内容となっている。

 ブルースが亡くなった後、クリスはグウィネスのために「フィックス・ユー」という曲を書いた。ブライスは感情が込められたこの曲が、家族にとってどれほど意味があったのかを熱く語った。

 「もう泣きそうだわ…」とブライスは涙をこらえながら語った。「彼が娘のためにこの曲を書いたことに感動した。彼は(ブルースが)亡くなってしばらくしてから娘と出会っているので、本当に美しいトリビュートだった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。