• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント』、英国アカデミー賞を席巻!

16.02.16(Tue)

レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント』、英国アカデミー賞を席巻!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レオナルド・ディカプリオ

 レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)主演最新作『レヴェナント:蘇えりし者』が、14日に発表された英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)主催の2016年度英国アカデミー賞で5部門を制覇した。

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)監督による同作は作品賞、主演男優賞、監督賞、撮影賞、音響賞の5部門で受賞し、米国アカデミー賞(R)でも多くの賞に輝く期待が高まっている。

 レオは授賞スピーチで母親の誕生日を祝い、共演者のトム・ハーディ(Tom Hardy)を称賛した。

 「トム、親友として君の猛烈な誠実さに感謝する。君なしでは成し遂げられなかった」と壇上で語りかけた。

 そのトムが主役を務めた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も衣装デザイン賞、プロダクションデザイン賞、メイクアップ&ヘア賞、編集賞の4部門で受賞。また『スティーブ・ジョブズ』で助演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)は、受賞することは今でも大きな意味があると記者団に語り、こうつけ加えた。「まだこの仕事を続けられることに、すごく感謝しています。本当です。15歳でこの仕事を始め、今も当時と同じくらい、いいえ、恐らく当時よりも強い情熱を感じています。なぜなら私生活のすべてを両立させながら続けることは本当に難しいからです。それだけに、とても大きな意味を持っています」

 オスカーを受賞した時のスピーチも考えているかとの質問については、ケイトはこう答えた。「えっ、まさかそんなことを聞くの!? 心の準備なんてしていないし、受賞するわけもないと思っているわ。身に余ることだもの」

 助演男優賞を受賞したのは『ブリッジ・オブ・スパイ』のマーク・ライランス(Mark Rylance)で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ(John Boyega)にはファン投票によってライジング・スター賞が贈られ、ベテラン俳優のシドニー・ポワチエ(Sir Sidney Poitier)には特別賞であるフェローシップ賞が与えられた。

 他にも『インサイド・ヘッド』がアニメーション映画賞、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が視覚効果賞、『ブルックリン』が英国作品賞、『Amy(原題)』がドキュメンタリー映画賞に輝いた。

 授賞式はスティーヴン・フライ(Stephen Fry)の司会でロンドンのロイヤル・オペラハウスで開催された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。