16.02.16(Tue)

ビル・マーレイ、屋上から投げ捨てたファンのスマホを弁償!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ビル・マーレイ

 俳優のビル・マーレイ(Bill Murray)が2人のファンのスマートフォンをレストランの屋上から投げ捨てた件について、刑事訴訟を免れるため賠償を申し出た。

 『ゴーストバスターズ』などで知られるビルは11日、カリフォルニア州カーメルにある屋上ラウンジ「ヴェスヴィオ」でリラックスした時間をすごしていたが、2人のファンがスマホで写真を撮ろうとしていることに気づいた。

 レストランのオーナーによると、ビルは酒を飲んでおらず、2人に近づいてスマホを取り上げ、2階建ての屋上から投げ捨てたという。通報を受けて警官が駆けつけたが、ビルはすでに現場を立ち去っていた。

 警察は捜査を開始し、12日にビルを事情聴取すると、彼は別のスマホの購入代金を支払うと申し出たという。その結果、2人のファンは起訴を見送り、捜査は終了したと米芸能情報サイト「TMZ」が伝えている。

 数年前から米男子ゴルフのペブルビーチ・プロアマ・チャリティートーナメントに参加するため同市を訪れているビルは今回のトラブルについてコメントしていない。

 他にも歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)や元ホッケー選手のウェイン・グレツキー(Wayne Gretzky)らも同トーナメントに参加した。

 一方、写真を撮ろうとした2人のファンはオーナーに対し、有名人も来店する同レストランでは携帯電話の使用と撮影を禁止するように求めた。

 ビルは最近、人類愛を強調する発言をしており、12月にモロッコで行われたマラケシュ映画祭では自身のビジョンを語っている。

 「この星に生きるあらゆる男女は神の発現であり、そのため私たちは仕事をしなければならない」と米Variety誌がビルの言葉を伝えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。