16.02.13(Sat)

生死の境をさまよったラマー・オドム、退院後初めて公の場に登場!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ラマー・オドム

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)と別居中の夫で、かつてロサンゼルス・レイカーズで活躍していたNBA選手のラマー・オドム(Lamar Odom)が、昨年にドラッグの過剰摂取で生死の境をさまよって以来、初めて公の場に姿を見せた。

 ラマーは11日、ニューヨーク・ファッションウィークに参加した、法律上は義理の兄にあたるラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)のショーを鑑賞した。ラマーは昨年10月、ラスベガスの売春宿で意識不明の状態で発見され、数ヶ月にわたって病院で腎不全と脳卒中の治療を受けていた。先月に退院を認められたラマーは、クロエや他のカーダシアン/ジェンナー家の面々と共にロサンゼルスからニューヨークまで移動できるほど回復した様子で、自身の「Yeezy Season 3」コレクションと話題のニューアルバム『T.L.O.P. (The Life of Pablo)』を世界に先駆けて発表したカニエを見守っていた。

 今回のショーは、ラマーが最後にプレーしていたニューヨーク・ニックスが本拠地とするマジソン・スクエア・ガーデンで開催された。

 米Us Weekly誌によると、ラマーはカニエの誘導でクロエの隣の席につき、回復を見せた元スター選手には万雷の拍手が送られたという。

 ラマーとクロエは、カニエの妻でクロエの姉にあたるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)、その娘ノース(North)ちゃん、さらにクロエたちの異父妹でモデルのケンダル(Kendall)とカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)、母親のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)、クリスの元夫で性転換プロセスを終えて女性となったケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner)らと一緒にVIP席でショーを鑑賞。また、ラッパーの50セント(50 Cent)、米Vogue誌のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長、俳優ウィル・スミス(Will Smith)の息子ジェイデン・スミス(Jaden Smith)、ラッパーのキッド・カディ(Kid Cudi)、歌手のオースティン・マホーン(Austin Mahone)、モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、カーリー・クロス(Karlie Kloss)らも同席していたという。

 ファッションショーでは数百人のモデルがカニエがデザインした服を着て登場。カニエが新曲「Famous」を披露する中、スーパーモデルのナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、ベロニカ・ウェッブ(Veronica Webb)らがサプライズで登場し、黒のジャンプスーツとファーコート姿で観客を魅了した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。