• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 『ピッチ・パーフェクト』のレベル・ウィルソン、デートしても相手の真意が読めず気苦労ばかり?

16.02.09(Tue)

『ピッチ・パーフェクト』のレベル・ウィルソン、デートしても相手の真意が読めず気苦労ばかり?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レベル・ウィルソン

 『ピッチ・パーフェクト』シリーズや『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られる豪コメディ女優のレベル・ウィルソン(Rebel Wilson)は、デートに出かけても相手が単に友だちとして振る舞っているのか、あるいは恋愛を求めているのかが分からず、気まずく感じるという。

 新作コメディ映画『How to Be Single(原題)』に出演しているレベルは昨年、同じくコメディアンのミッキー・グーチ・Jr.(Mickey Gooch Jr.)と交際したが、長続きすることなく9月に破局した。

 レベルはミッキーと別れてから何人かとデートに出かけたと明かしたが、相手がただ友人になりたいだけなのかを見極めることに大半の時間を費やしたと認めた。中にはおかしな出会いもあったようだ。

 「私の場合、デートにはトラブルがつきものみたいなの」とレベルは5日、米トーク番組の司会者ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)に打ち明けた。「デートしているのか、友だちとして出かけただけなのかが分からないの」

 「最近もデートしたけど、ただの友だちとしてだったのか、ロマンチックなものだったのかが分からなかった。そしてディナーの半分くらいのところで、彼が仕事のことばかり話しだしたから、『友だちとして会っている』と思ったの。でもデートの最後で駐車場まで歩いていたら、彼がキスしようとしてきたの。でも私はもう『いや、友だちのはず』と思っていた。彼が近づいてきたら、思わず『ああっ』と声が出ちゃった。最悪に気まずい瞬間だったわ。あんな顔をして、あんな声を出すなんて、本当にどうかしてる。駐車場の係にも見られたわ。すぐに車に乗って走り去るしかなかった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。