• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • メリッサ・マッカーシー、「ギルモア・ガールズ」リバイバル作品に自分だけ招待されていないと暴露!

16.02.04(Thu)

メリッサ・マッカーシー、「ギルモア・ガールズ」リバイバル作品に自分だけ招待されていないと暴露!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

メリッサ・マッカーシー

 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られるコメディ女優のメリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)が、かつて出演していた大人気TVシリーズ「ギルモア・ガールズ」のリバイバル作品に出演を依頼されていないと明かした。

 アカデミー賞(R)にもノミネートされたことのあるメリッサは、7シーズンにわたって放映された同シリーズでスーキー・セントジェームズを演じ、ハリウッドの人気者としてブレイクした。

 しかしローレン・グレアム(Lauren Graham)、アレクシス・ブレーデル(Alexis Bledel)、ケリー・ビショップ(Kelly Bishop)、スコット・パターソン(Scott Patterson)ら主要キャスト全員が米Netflixが配信する新ミニシリーズでそれぞれのキャラクターを再演する_契約を交わしたにもかかわらず、メリッサは自分が招待されていないと主張している。

 あるファンがTwitterでメリッサも「ギルモア・ガールズ」の新シリーズに出演すべきだと訴えると、彼女はこう答えた。「招待してくれてありがとう、でも残念ながら誰も私やスーキーにスターズ・ホローに戻ってほしいと言っていないの。みんなの成功を祈っているわ!!」

 メリッサがキャスティングについて発言した前日には、同シリーズのクリエイター、エイミー・シャーマン・パラディーノ(Amy Sherman-Palladino)がテレビ情報サイト「TVLine.com」とのインタビューで、メリッサには確かにNetflixのリバイバルシリーズへの参加を打診したと語っていた。

 「彼女はク*忙しいの」とエイミーはメリッサについて語った。「でも(彼女のチームには)、『もしメリッサが出演できて、ある日の午後に時間があるなら、彼女のためにシーンを書く』と伝えておいた。メリッサは仲間の1人だった。たとえカメオ出演だとしても(セットに)駆けつける時間があるなら、大歓迎するのは当たり前だわ。直前まで分からないなら、彼女の出番を用意しておいて、それから対策を考える。話はそこで止まっているの」

 「単純に言えば、ムリな話なの」とエイミーはつけ加えた。「とんでもなく忙しいスケジュールに加えて、いろんなことが同時進行しているし、『ゴーストバスターズ』の新作もある。でももし、彼女のチームから連絡がきて、この日とこの日が空いているとか、1シーンだけでも立ち寄るとか言ってくれれば、彼女の出番を作るわ」

 メリッサは今年の夏に『Ghostbusters(原題)』と『The Boss(原題)』のプロモーションが控えているほか、エミー賞を受賞した人気コメディシリーズ「マイク&モリー マシュマロ系しあわせ日記」のフィナーレを迎える。同シリーズは皮肉にも「ギルモア・ガールズ」を撮影していたワーナー・ブラザーズの同じロットで撮影中だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。