• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻の自宅に侵入した男性が拘束!

16.02.03(Wed)

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻の自宅に侵入した男性が拘束!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット

 ハリウッドスターのブラッド・ピット(Brad Pitt)とアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)夫妻の自宅敷地内に侵入した男が警備員に拘束され、警察に引き渡されるハプニングがあったことが分かった。

 警備員らは先週、ロサンゼルスのハリウッドヒルズにある夫妻の邸宅の敷地内に侵入した男性を発見し、警察に通報した。

 警察が尋問すると、男性はホームレスで、藪の中で用を足したくて敷地内に迷い込んだことが分かったと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。男性は起訴されることなく釈放されたようだ。当時、ブラッドとアンジーは不在だった。

 _夫妻と6人の子どもたちはここ数ヶ月、アジアですごすことが多く、アンジーはカンボジアで最新作『First They Killed My Father: A Daughter of Cambodia(原題)』の撮影にのぞんでいる。

 最近は監督としても活躍するアンジーがメガホンをとる同作は、人権活動家ルオン・ウン(Loung Ung)が書いた、1970年代のカンボジアで起きたクメール・ルージュによる虐殺についての回顧録「最初に父が殺された―飢餓と虐殺の恐怖を越えて」を原作としている。

 一家はタイでクリスマス休暇をすごしたが、養子パックス(Pax, 12)君が脚に大ケガをするというアクシデントに見舞われた。

 一方、ブラッドとアンジーはもう1人の養子を迎えることを計画中と報じられたが、カンボジア当局は噂を否定した。

 同国の「Inter-Country Adoption Administration」は地元英語紙Phnom Penh Postに対し、報道はこじつけだと否定し、「Facebookで知りましたが、単なる噂にすぎません。アメリカとカンボジア間の養子縁組は、まだ開放されていません」とつけ加えた。

 各メディアによると、米当局は「人身売買の懸念」から10年以上前にカンボジアからの養子縁組を停止しており、禁止措置はいまも有効だという。

 アンジーは2002年、カンボジア出身の長男で養子のマドックス(Maddox)君を養子に迎えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。