• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「X-ファイル」新シリーズに出演のジリアン・アンダーソン、年齢を重ねたスカリーに苦労?

16.02.02(Tue)

「X-ファイル」新シリーズに出演のジリアン・アンダーソン、年齢を重ねたスカリーに苦労?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジリアン・アンダーソン

 米ドラマシリーズ「X-ファイル」の新シリーズに出演している女優のジリアン・アンダーソン(Gillian Anderson, 47)は、1993年から2002年まで放送されたオリジナルシリーズでFBI捜査官のスカリーを演じ、6話構成のリブートシリーズで再び同役に扮している。デヴィッド・ドゥカヴニー(David Duchovny)演じるフォックス・モルダーと再会するのは嬉しかった一方で、それまでの時間の経過に適応する必要に迫られたようだ。

 「また彼女を演じるのはとても良い気分だったわ。それに彼女の衣装を着ることも」とジリアンは英版OK!誌で語っている。「でも、年齢を重ねた彼女に安心を感じるまでには、少し時間がかかった。私の心は、いまだに若い頃の彼女にとらわれているの。だからアプローチを変えて、彼女がモルダーと仕事をしていた時とは別人だということを反映させなくちゃいけなかった。お互いに人生でいろんなことを経験したのよ」

 ジリアンは新シリーズへの出演に同意するまで、少し時間をかけたことも認めている。ドラマのクリエイターであるクリス・カーター(Chris Carter)は、タイミングが正しいことを彼女に説得するため、かなりの努力を必要とした。当初は二の足を踏んでいたものの、ジリアンは出演を決めたことを後悔していない。

 「彼女を再び演じることについて、それだけの熱意や能力があるかどうか確信が持てなかったの」とジリアンは認めた。「クリスはミーティングを何度か繰り返して、ようやく私を説得できたの。でも、デヴィッドとまた一緒に仕事ができると思うと、再び演じるのが楽しいと思えるようになったわ。タイミングが正しかったのよ」

 「最初はもう2度とできるわけがないと思った。でも、みんなから楽しいと説得されて、しばらくしたら『しょうがない、やろう!』と思うようになったの」

 またジリアンは、デヴィッドとの関係が初めて仕事をした時よりもはるかに進歩したとも話している。最後に共演した時から何年も経過しているが、今ほど関係が良好だったことはないとジリアンは強調した。

 「デヴィッドと私は、ドラマや劇場版をやっていた時よりも、今のほうがずっと親しいくらいよ」とジリアンは説明した。「お互いに少し年齢を重ねたし、子どもができたり、人生の苦労を経験したことで、物事の見方も広がった。今ではお互いを支え、友情を楽しむことがずっとやりやすくなったわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。