• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • マノロ・ブラニクの最新ドキュメンタリーに、リアーナやナオミ・キャンベルなどセレブが多数登場!

16.02.01(Mon)

マノロ・ブラニクの最新ドキュメンタリーに、リアーナやナオミ・キャンベルなどセレブが多数登場!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マノロ・ブラニク

シューズ・デザイナーとして名高いマノロ・ブラニク(Manolo Blahnik)の最新ドキュメンタリー映画に、リアーナ(Rihanna)やナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)など数多くのセレブが出演していることが明らかになった。多くのセレブを顧客にもつマノロ・ブラニクは、人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公キャリーが愛してやまない高級靴のブランドとして広く知られるようになった。マイケル・ロバーツ(Michael Roberts)監督による新作ドキュメンタリー「Manolo (The Boy Who Made Shoes for Lizards)」は、そんな彼の功績と生い立ちを紹介する作品になっているという。「マノロのことを30年以上前から知っている私から見た彼は、多面的な知識をもつ文化人でありロマンティックな人でもあります。彼の魅力的な人柄と独創的な仕事は、エンターテインメント性のある映画の題材にぴったりです」と、ロバーツ監督はコメントしている。

この作品にはリアーナとナオミ以外にも、VOGUE誌の元名物編集長として知られるアナ・ウィンター(Anna Wintour)や同誌のエディターだったアンドレ・レオン・タリー(Andre Leon Talley)、パロマ・ピカソ(Paloma Picasso)、「セックス・アンド・ザ・シティ」の原作者キャンディス・ブシュネル(Candace Bushnell)、シューズ・デザイナーのシャーロット・オリンピア(Charlotte Olympia)、元スーパーモデルのイマン(Iman)、ファッション・デザイナーのアイザック・ミズラヒ(Isaac Mizrahi)、英俳優ルパート・エヴェレット(Rupert Everett)など名だたるセレブが登場して、マノロについて語っているという。

マノロ・ブラニクの公式ウェブサイトでは、この作品を紹介する3分間の映像と、「The Boy Who Made Shoes for Lizards(トカゲのために靴を作った少年)」という奇妙なタイトルに関するロバーツ監督のコメントが公開されている。「この作品には、少年時代のマノロの姿も描かれています。生れ故郷のカナリア諸島で庭園を駆け回っていたマノロ少年は、キャンディーの包み紙でトカゲ用の靴を作ることに熱中していました。彼が自然と植物を愛するようになった理由と、彼がそれらをデザインに取り入れるようになった理由が、この作品を観ればおわかりいただけるでしょう」と、ロバーツ監督は説明している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。