16.02.01(Mon)

セリーヌ・ディオン、夫レネへの数多くの弔意に対して深く感謝!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

セリーヌ・ディオン

カナダの人気歌姫セリーヌ・ディオン(Celine Dion、47)が、1月29日、自身のウェブサイトを通じて、音楽プロデューサーの夫レネ・アンジェリル(Rene Angelil)の葬儀後はじめてとなる、公式のコメントを発表した。

1月16日、74歳の誕生日を2日後に控えて癌で亡くなったレネの葬儀は、彼が20年以上前にセリーヌと結婚式をあげたモントリオール市のモントリオール・ノートルダム聖堂で営まれ、その模様はカナダ国内ではTVで全国中継されていた。セリーヌは、寄せられた数百万の弔意に感謝の言葉を表している。

「わたしたちは、レネに哀悼の意を表してくださったすべての方々に心から感謝申しあげます。みなさまのお気持ちは、おそらくみなさまが想像されている以上に、わたしたちが悲しみを踏み越えレネに別れを告げる手助けとなりました」

「また、カナダ政府には、葬儀を国民葬としていただいたことに感謝しており、葬儀をレネの生前の業績を讃える最後の別れにするべく、労を取ってくださった多くの人々や団体のみなさまにも感謝しております」

セリーヌは、レネとの間の息子たちである15歳のルネ=チャールズ(Rene-Charles)君、5歳の双子エディ(Eddy)君とネルソン(Nelson)君、およびレネの年長のその他の子供たち3人とともに、レネの遺族として以上のあいさつ文をセリーヌのウェブサイトで発表した。

セリーヌにとって、過去一カ月は不幸が続く時間になってしまった。レネの死のわずか2日後には、セリーヌの13人の兄弟姉妹のひとりである兄ダニエル(Daniel)も癌で他界している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。