• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 幼少時に病弱だったジェシカ・アルバ、何よりも大切なのは「我が子の健康」!

16.01.25(Mon)

幼少時に病弱だったジェシカ・アルバ、何よりも大切なのは「我が子の健康」!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェシカ・アルバ

映画『シン・シティ』などで知られる米女優ジェシカ・アルバ(Jessica Alba, 34)が、毎朝エクササイズしているのは“心の健康”のためだと告白した。ヨガやスピニング・エクササイズを日課にしているジェシカだが、健康を維持することに固執しているわけではないという。「私はヘルシーだけれど、健康を追求しすぎたりはしないわ。精神状態をすこやかに保つためにエクササイズしているけれど、おいしいクッキーをつまんだりすることもあるのよ」と、ジェシカは米Homes and Gardens誌2月号のインタビューで話している。

ジェシカと夫のキャッシュ・ウォーレン(Cash Warren)の間には、7歳のオナー(Honor)ちゃんと4歳のヘイヴン(Haven)ちゃんという2人の娘がいる。価格が手ごろで環境にやさしい家庭用品を扱う会社「ザ・オネスト・カンパニー」の経営と女優業で常に忙しいジェシカだが、週末は必ず料理を作って家族で食卓を囲むことにしている。幼いころは病弱でアレルギーやぜんそくを発症して病院に駆け込むことが多かったジェシカにとって、我が子の健康より大切なものはないのだという。「子どもたちのことを最優先しているわ。我が子の健康と幸せが何より大切だから」と、ジェシカは話している。「私たちは料理をするのが大好きで、金曜から日曜の夜は、必ず家族いっしょに晩ごはんを食べることにしているの。それ以外の日も夕食を作る時間があるといいんだけれど、実際はヘルシーフードのデリバリーに頼るしかないのよね」。

環境保護を心がけているジェシカは、子どもたちにもリサイクルやリユースを実践させている。「実践することで、子どもたちに環境保護を教えるようにしているわ。新しいものを買うのではなく、使用済みのボトルに水を補充したりしているの。自分と地球にとって安全な商品と安全ではない商品があることも教えているのよ」と、ジェシカは明かしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。