16.01.18(Mon)

セリーヌ・ディオン、夫をがんで亡くした2日後に兄をがんで失う

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

セリーヌ・ディオン

 人気歌手のセリーヌ・ディオン(Celine Dion)の兄ダニエル(Daniel)さんが、セリーヌの夫でマネージャーも務めていたレネ・アンジェリル(René Angélil, 73)さんが亡くなった数日後にがんで亡くなった。

 セリーヌのきょうだいの1人クローデット(Claudette)は15日、カナダのJournal of Montreal紙に対し、ダニエルさんが喉、脳、舌のがんで闘病中で、「余命はわずか数日」だと明かした。ケベック州の病院で治療を受けていたが、16日朝に死去したとセリーヌの広報担当者が認めた。

 クローデットの説明によると、ダニエルさんの病状は14日に亡くなったアンジェリルさんのものととても似通っていたという。

 「とても苦痛を伴うものです。あと数日、あるいは数時間しか残されていません」と彼女は語っている。「レネとそっくりで、彼も喉、舌、そして脳にがんを抱えていました。家族は経験を積んでいます」

 一方、ある事情通は、きょうだいと仲がいいセリーヌにとって、ダニエルさんの死はとてもつらいものだと指摘している。遺族は訃報が伝えられた後で声明を発表し、ダニエルさんは「やさしく、控えめで、たくさんの才能を持っていた」とコメントし、これからも記憶に残り続けると話している。

 現地時間1月23日には追悼式が行われ、その数日後に葬儀が営まれる予定だという。

 アンジェリルさんは自宅で医師による治療を受けていた。つい先日には21回目の結婚記念日を祝っており、セリーヌはラスベガスのシーザーズ・パレス内にあるザ・コロシアムでの定期公演で亡き夫へ捧げるコンサートを行う予定だ。アンジェリルさんの葬儀は2人が結婚したモントリオールのノートルダム聖堂で営まれる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。