• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 最低映画賞を決めるラジー賞、今年は『フィフティ・シェイズ』と『ジュピター』がリード!

16.01.15(Fri)

最低映画賞を決めるラジー賞、今年は『フィフティ・シェイズ』と『ジュピター』がリード!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン

 昨年1年間の最低映画を決める今年のゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が発表され、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』と『ジュピター』が最低映画賞を争うことになった。

 批評家に酷評されたエロティックドラマ『フィフティ・シェイズ』とSFアドベンチャー大作『ジュピター』はそれぞれ6部門にノミネート。ほかにも『ピクセル』と『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』が候補になったほか、計5部門でノミネートされたマイルズ・テラー(Miles Teller)とマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)主演の『ファンタスティック・フォー』新リブート版も含まれた。

 『フィフティ・シェイズ』で主演を務めたダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)とジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)は、それぞれ最低女優賞と最低男優賞の候補となった上、最低スクリーンコンボ賞にもノミネートされてしまった。監督のサム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson)は最低監督賞、脚本家のケリー・マーセル(Kelly Marcel)は最低脚本賞で名前が挙がっている。

 ダコタと最低女優部門で争うのは『ジュピター』のミラ・クニス(Mila Kunis)、『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)、『ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑』のジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、『ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪』のキャサリン・ハイグル(Katherine Heigl)らだ。

 一方、最低男優賞にはジェイミーのほかに、ラジー賞の常連アダム・サンドラー(Adam Sandler)が『モール・コップ』と『ピクセル』の2本でノミネート。さらに『モール・コップ』のケヴィン・ジェームズ(Kevin James)、『ジュピター』のチャニング・テイタム(Channing Tatum)、『チャーリー・モルデカイ』のジョニー・デップ(Johnny Depp)が名を連ねた。

 またジョニーは『チャーリー・モルデカイ』で披露した「ノリで貼りつけた口ひげ」で最低スクリーンコンボ賞にもノミネート。同部門にはアダムが『靴職人と魔法のミシン』で見せた「あらゆる靴」で、またジェームズが『モール・コップ』で披露したセグウェイとノリ付けした口ひげで名前が挙がったほか、『ファンタスティック・フォー』はキャスト全員が対象となってしまった。

 ラジー賞は2015年度アカデミー賞(R)を受賞した名優も容赦せず、屈辱的な候補に挙げた。エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)とジュリアン・ムーア(Julianne Moore)は『ジュピター』と『Seventh Son(原題)』で男女それぞれの最低助演賞を争う。

 エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)、M・ナイト・シャマラン(M. Night Shyamalan)、ウィル・スミス(Will Smith)、そしてシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)は、最低映画の後でヒット作に恵まれた人たちに贈られる名誉挽回賞を獲得した。

 ハリウッドで最低の映画と演技に捧げる祭典のラジー賞の受賞者は2月27日、アカデミー賞発表の前日に明かされる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。