• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • カート・ラッセル、故ダイアナ妃と王子たちをコロラド州の別荘にかくまったエピソードを明かす

16.01.09(Sat)

カート・ラッセル、故ダイアナ妃と王子たちをコロラド州の別荘にかくまったエピソードを明かす

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カート・ラッセル

 元英王室のダイアナ妃(Diana, Princess of Wales)がパパラッチの追跡から逃れるため、俳優のカート・ラッセル(Kurt Russell)と女優のゴールディ・ホーン(Goldie Hawn)のコロラド州の別荘で過ごしたことがあるとカートが明かした。

 最近は『ワイルド・スピード SKYMISSION』などにも出演しているカートは1991年、『バックドラフト』のプレミアでダイアナ妃と初めて会った。その際、ダイアナ妃がパパラッチから逃れ、息子のウィリアム王子(Prince William)、ハリー王子(Prince Harry)と一緒に家族水入らずの休暇をすごしたいと話したことから、カートは別荘のカギを渡した。ダイアナ妃はその申し出を受け入れたという。

 「王室のためのプレミアがあって、私はダイアナ妃とチャールズ皇太子(Prince Charles)の間に座った。とても面白い体験だったよ」とカートは深夜トーク番組の司会ジェームズ・コーデン(James Corden)に明かした。「当時、2人の仲はあまりうまくいっていなかったが、その晩、いろんな話をしているうちに、彼女はパパラッチに悩まされていると打ち明けたんだ」

 「そこで、私たちはコロラドにある農場に住んでいて、ちょうどいい保養地になるかもしれないと言ったら、彼女は『いつか訪れることができるかもしれない』と言った」

 「数年後、ゴールディの知人でもあるファーギー(セーラ・ファーガソン・ヨーク公爵夫人、Sarah Ferguson, Duchess of York)が手配した。ダイアナは子どもたちと一緒に来たかったんだと思う。歓迎されて、農場に滞在して楽しい時間をすごしていた」とカートは続けた。「家政婦のボニーが彼女と仲良くなり、毎年のクリスマスにはダイアナからカードが送られていたよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。