• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ロバート・デ・ニーロ、ジェニファー・ローレンスの演技のアドバイスを歓迎!

16.01.08(Fri)

ロバート・デ・ニーロ、ジェニファー・ローレンスの演技のアドバイスを歓迎!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロバート・デ・ニーロ

 名優ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro, 72)は、ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 25)ら若手が提案を申し出ると、今でも演技のアドバイスを受けたり、耳を傾けたりすることがある。

 『レイジング・ブル』や『ゴッドファーザー PART II』、『タクシー・ドライバー』など、長年の活動で数々の名作に出演してきたロバートだが、若い共演者のアドバイスに耳を貸さないようなプライドの塊ではない。むしろ、『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られるジェニファーのアイディアには感謝しているようだ。ジェニファーは最新作『Joy(原題)』で娘役を演じている。

 ロバートはジェニファーと計3本の映画で共演。うまくいかないシーンでジェニファーがフィードバックを申し出ても気に障ることはなかったと認めている。

 「彼女はあるシーンの向かう方向や、あるいは私の演じ方についてアドバイスをすることがある。でも別に気にならない」とロバートはロサンゼルス版Haute Living誌に語った。「それがあるべき形だ」

 しかしロバートは、他の役者にやたらとアドバイスをするのは好きではないとも認め、「彼女が本当に知っておくべきと思った時や、頼まれるまで」はジェニファーにわざわざ自分の考えを伝えることはないとも話している。

 約50歳という年齢差にかかわらず、2人には共通点が多く、どちらもアカデミー賞(R)を受賞している。ロバートはこれまでに2度、ジェニファーは2012年の映画『世界にひとつのプレイブック』で初のオスカーに輝いた。ロバートはジェニファーの仕事に対する姿勢を評価してもしきれないほど評価している。

 「ジェニファーのことは大好きだよ。彼女は最高だ」とロバートは明かした。「エネルギッシュで、仕事に打ち込み、(共演も)すごく気楽にできる」

 またロバートは、コメディ映画『Dirty Grandpa(原題)』で人気若手俳優のザック・エフロン(Zac Efron)とも共演し、変態オヤジを演じている。

 「(これまでに演じた役に比べて)とにかくおかしく、とんでもなく、そして違ったことをするというアイディアがとても気に入ったから、『いいだろう!』と思った」とロバートは説明した。「『とにかくやってみて、みんなが気に入ってくれれば』と思ったんだ。これまでとは違うし、かなり変なキャラだけど、そんなことはどうでもいい」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。