15.12.28(Mon)

離婚で揺れたケイリー・クオコ、1年を支えてくれた家族に感謝!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ケイリー・クオコ

 米人気シリーズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」で知られる女優のケイリー・クオコ(Kaley Cuoco, 30)が、「とんでもないドラマ」だった今年1年を支えてくれた家族に感謝した。

 ケイリーにとって2015年は良いことばかりではなく、9月には結婚から2年未満でテニス選手のライアン・スウィーティング(Ryan Sweeting)と離婚した。

 ケイリーは古い白黒の家族写真をInstagramで公開し、その支えに感謝した。

 「毎年、私の家族は最高のパーティーを開いて、祖父母や孫たち、いとこ、はとこ、赤ちゃんが集まって、たくさんの食べ物、そしてクリスマスキャロルを楽しむの」とケイリーは書き込んでいる。「ここ数年で失った大切な人たちもいるけれど、これからも続けていくわ。ユージニア・マローン、伝統を続けてくれてありがとう! この写真を昨日の夜に見せてもらったわ。祖母が真ん中にいる…。ドタバタ騒ぎ、ゴシップ、涙、そして人生。今年はいろいろあったけど、私をよく知っている人たちに会って、すごく幸せな気分になれた」

 ケイリーはライアンと離婚して以来、新しい恋の噂が絶えない。「ビッグバン★セオリー」で恋人役を演じ、プライベートでも交際していたジョニー・ガレッキ(Johnny Galecki)との復縁報道を繰り返し否定する一方、米ドラマ「ARROW/アロー」で知られるポール・ブラックソーン(Paul Blackthorne)との交際も噂されている。

 一方、ライアンとの離婚手続きの状況についてはあまり語ろうとしない。しかし11月の誕生日には、SNSで心境を明かしている。

 「今日は人生最高の誕生日だったわ…。愛情と励ましの言葉をありがとう。喜びと完全な満足で胸がいっぱい。多少のトラブルが目の前にあるけど、ありがたいことに、対応できないものはない…」とケイリーは丘の上で遠くを見つめる画像をInstagramで公開し、そうキャプションを添えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。