15.12.24(Thu)

キム・カーダシアン、絵文字アプリが大人気でApp Storeをクラッシュ!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

キム・カーダシアン

 リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)が自身の絵文字アプリをリリースしたところ、あまりの人気ぶりでAppleのアプリストア「App Store」がクラッシュする事態を招き、同社に謝罪した。

 キムは20日、絵文字アプリ「Kimoji」を翌21日にリリースすると発表。唇や中指を突き立てた手、メイクアップ術「コントゥアリング」で作成した顔などの絵文字がアニメ化されたキーボードにダウンロードされるアプリにファンが殺到した。

 しかし21日、App Storeで同アプリが見つからないという技術的トラブルに見舞われ、不満を訴えるファンが続出。あまりの人気で申し込みをさばききれなかったようだ。

 「Apple、App Storeを壊してしまってごめんなさい!!」とキムはツイートした。「こんなにもたくさんの人がKimojiをダウンロードして、アプリストア全体に影響が出たなんて信じられないわ!」

 ラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)を夫に持つキムは、アプリの不具合がすぐに修正されるとファンに約束した。

 「すごく頑張ってこのアプリを制作したわ。これほど多くのダウンロードで問題が出たことは把握している。今は技術チームが全員で解決にあたっているの!」とキムは続けた。「Kimojiアプリはすぐに復活させる! 検索機能も修正しているから、簡単に探せるようになるわ!」

 「もう、App Store全体を壊したなんて信じられない!」とキムは悲痛な叫びを上げた。

 Kimojiアプリにはネットで拡散したキムの有名な写真のアニメ版もあり、泣き顔に加え、白いワンピースの水着でモデルを務めた際の、鏡に写った曲線美を後ろから捉えた姿を自画撮りしたものもある。

 今月に第2子セイント(Saint)君を出産したばかりのキムは、自身の日常生活の舞台裏をファンに見せるアプリ「Kim Kardashian West」と、2014年に7,400万ドル(約90億円)を稼いだオンラインゲーム「Kim Kardashian: Hollywood」の大成功でモバイル界の大物となっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。