15.12.18(Fri)

「ダウントン・アビー」のミシェル・ドッカリー、婚約者の葬儀に参列

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ミシェル・ドッカリー

 英人気TVドラマ「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~」で知られるミシェル・ドッカリー(Michelle Dockery, 34)が16日、アイルランドのコークで行われた婚約者の葬儀に参列し、ジョン・ディニーン(John Dineen, 34)さんに最期の別れを告げた。

 珍しいがんで闘病生活を送っていたディニーンさんは13日、コーク市内のメアリーマウントホスピスで息を引き取った。ミシェルとは今年に入ってから婚約していた。彼女はディニーンさんが危篤と聞き、アメリカでのプレスツアーを切り上げて駆けつけた。

 ミシェルは15日に誕生日を迎えたが、その晩はディニーンさんの両親と共にすごした。その後、遺族は実家に近いバリーノラにあるカソリック系の聖ジェームズ教会まで棺を運び、ささやかな通夜を開いた。

 ミシェルは16日も教会に戻り、親友や家族らとデクラン・マンスフィールド神父(Father Declan Mansfield)が執り行ったプライベートな葬儀に参列したと米People誌が伝えている。

 ミシェルの広報担当者はディニーンさんの死後、プライバシーの尊重を求める声明を発表した。

 「ジョンの家族は寄せられたお見舞いや激励の言葉に感謝していますが、今は静かに近親だけでこの悲しみをいやさせてほしいと求めています」

 ミシェルは2013年、「ダウントン・アビー」で共演するアレン・リーチ(Allen Leech)の紹介で知り合ったディニーンさんとの交際をスタート。ドラマで母を演じるエリザベス・マクガヴァン(Elizabeth McGovern)は 16日に英TV番組「ロレイン」に出演。司会のロレイン・ケリー(Lorraine Kelly)のお悔やみの言葉を伝えると約束し、こう答えた。

 「必ず伝えます。彼女はきっと喜んでくれるでしょう」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。