• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「美しすぎる」格闘家ロンダ・ラウジー、まさかのKO負けで負傷も無事を報告!

15.11.19(Thu)

「美しすぎる」格闘家ロンダ・ラウジー、まさかのKO負けで負傷も無事を報告!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロンダ・ラウジー

 「美しすぎる」総合格闘家として有名なロンダ・ラウジー(Ronda Rousey, 28)が先週末、UFC王者決定戦でまさかのTKO負けを喫したが、体は「大丈夫」だとファンを安心させている。

 ロンダは15日、オーストラリア・メルボルンでホリー・ホルム(Holly Holm)に惨敗。12戦全焼だったUFC戦で初めての負けを味わった。

 ロンダは第2ラウンドでノックアウトされ、流血もしていたため、健康状態を心配する声が多かった。しかし彼女は無事を報告し、ファンを安心させた。

 「みんなの愛情とサポートに感謝したかった」とロンダはInstagramで語りかけている。「体を気づかってくれてありがとう。前も言ったとおり、少し休むけど、必ず戻ってくる」

 ロンダが復活を宣言した背景には、ホリーとの再試合に合意したことがうかがえる。

 UFC代表のダナ・ホワイト(Dana White)は、ロンダとホリーが今後リングで再戦することを約束したが、ゴシップサイト「TMZ」に対し、ロンダはホリーに惨敗したことでひどく「落ち込み」、「沈んでいる」と明かした。

 再戦の噂を事実だと認めたほか、代表はロンダの体調についても注意を呼びかけ、唇に負った大きな裂傷の治療にはオーストラリアで最高の形成外科医の助けが必要だと訴えた。

 ホワイト代表は格闘家としてのロンダを誇りに思っているが、今回は残念ながら勝者にはなれなかった。

 「どんな女性にも成し遂げられなかったことを成し遂げた」とホワイト代表はロンダを高く評価した。「15年前からトップスターの試合を組んできたが、ロンダはそのどの記録も破ってみせた」

 ロンダはプロ格闘技のリング外でも活動の幅を広げ、『ワイルド・スピード SKY MISSION』に出演したほか、1989年に公開された『ロードハウス/孤独の街』のリブート版にも出演が決まっている。

 ホリーは今回ロンダと対戦したUFC193までは総合格闘技界の外ではあまり知られていなかったが、ホワイト代表は当初から彼女が良い選手になると確信していたという。

 「ホリーはこれまでに45試合に出場し、いくつも世界タイトルを獲得している」と代表は強調した。「とても落ち着いていてクールだった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。