• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • クロエ・カーダシアン、売春宿で発見された夫ラマー・オドムに入院した理由を明かせず苦悩?

15.11.17(Tue)

クロエ・カーダシアン、売春宿で発見された夫ラマー・オドムに入院した理由を明かせず苦悩?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

クロエ・カーダシアン

  米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)が、別居中の夫で現在病院で治療中の夫ラマー・オドム(Lamar Odom, 36)に入院した理由を明かせば回復に支障が出ると悩んでいるようだ。

 かつてロサンゼルス・レイカーズで活躍していたNBA選手のラマーは10月、ネバダ州の売春宿でドラッグ中毒と複数回の発作を起こし、意識不明の状態で発見されて緊急搬送された。クロエはずっと付きっきりで夫を支えている。

 ラマーは回復の兆しを見せていて、歩いたり、自分で食べたりすることができるようになっているが、なぜ自分が入院したのかは分かっていないとクロエは心配している。

 「脳の手術を受けたと言ってあるけど、回復に支障が出るから、なぜ手術が必要になったのかはまだ伝えていないの」とクロエは米現地時間16日に放映される米トーク番組で司会のエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)に明かした。「彼がなぜ自分がここにいるのか聞いてきたことはないわ」

 ラマーは容体が安定してからはロサンゼルス市内のシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターに移送されたものの、クロエによると、全快するまでには「長い、長い道のり」があるとつけ加えた。

 「彼はすごく混乱している。毎日調子が違うの」とクロエは続けた。「大統領が誰か分かる時もあれば、自分が26歳だと思う時もある。『26歳だったらよかった、でしょ! ならそれらしくなってよ!』と言っているわ」

 連続した発作に加え、ラマーは肺炎と腎臓損傷も起こしたと見られていて、クロエがラマーに代わっていくつもの医療上の決断をした。夫妻は離婚手続きを一時中断しているが、クロエはラマーとの復縁は否定し、恋人のジェームズ・ハーデン(James Harden)と順調に交際しているとも強調した。

 「連絡は欠かせないし、彼はすごく支えてくれるわ」とクロエはつけ加えた。「離婚を急ぐのは、すごく思いやりに欠ける感じがするの。でも(ラマーのことは)愛しているし、それはこれからも変わらない」

 「まるで重婚しているみたいだわ」とクロエは笑った。「夫がいて、ボーイフレンドがいる。それで簡単な説明になるかしら?」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。