15.10.28(Wed)

エド・シーラン、大ヒット曲で友人の住宅ローンの支払いをサポート!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エド・シーラン

エド・シーラン、大ヒット曲で友人の住宅ローンの支払いをサポート!

 英歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran, 24)が、ヒット曲「シンキング・アウト・ラウド」で経済的に困っていた友人を救ったエピソードを披露した。

 しっとりしたバラードの「シンキング・アウト・ラウド」は昨年、世界各国で大ヒットとなり、アメリカとカナダでトップ10入りを果たしている。エドにとって最大のヒット曲の1つになったほか、子どもの頃からの親友エイミー・ワッジ(Amy Wadge)が経済的に立ち直るきっかけも作ってくれたという。

 「彼女は1年くらい前に経済的な問題を抱えていたんだ」とエドは英The Mirror紙に語っている。「アルバムが完成間近だった時に、彼女が車で僕の家までやってきて、僕が17歳の時に書いた曲をデラックスアルバムに加えることができないかと提案した。そうすれば彼女に少しお金が入って住宅ローンを払ったり、毎月の請求書の支払いができたりするからなんだ。彼女がいた間に『シンキング・アウト・ラウド』を一緒に作ったよ。もう彼女は二度とお金の心配をしないで済む」

 「シンキング・アウト・ラウド」はやがてイギリスでトリプルプラチナを達成するほどの大ヒットとなり、音楽ストリーミングサービス「Spotify」で5億回再生され、最も人気の曲にもなっている。

 ファンのために音楽を届けることはミュージシャン冥利につきる一方、エイミーや家族が自分たちなりのやり方で恩恵を得ていることも嬉しく思っている。

 「彼女には子どもが2人もいて、家族を養っているんだ。話すたびに彼女は休暇旅行を楽しんでいるよ」とエドはつけ加えた。「それを知るととても嬉しいね。もし彼女がウェールズからはるばる会いにこなければ、あの曲は生まれなかった」

 エドは25日、イタリアで開催されたヨーロッパ最大級の音楽の祭典「MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード」(EMAs)でルビー・ローズ(Ruby Rose)と共同司会を務めたほか、2部門で受賞し、ルディメンタル(Rudimental)とコラボ曲「レイ・イット・オール・オン・ミー」を披露した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。