• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • エド・シーラン、アメリカン・ミュージック・アワードで複数部門にノミネート!

15.10.15(Thu)

エド・シーラン、アメリカン・ミュージック・アワードで複数部門にノミネート!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エド・シーラン

 英歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran)が13日、来月開催される音楽授賞式「アメリカン・ミュージック・アワード」で、アーティスト・オブ・ザ・イヤー賞を含む複数の部門にノミネートされた。

 ジョー・ジョナス(Joe Jonas)とチャーリー・プース(Charlie Puth)も、米トーク番組「グッドモーニング・アメリカ」で複数部門の候補に挙がっていることを明かしている。

 同授賞式で最も期待されるのはアーティスト・オブ・ザ・イヤー賞で、今年は10人が激しいデッドヒートを繰り広げる。エドの他にはルーク・ブライアン(Luke Bryan)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、マルーン5(Maroon 5)、サム・スミス(Sam Smith)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、ワン・ダイレクション(One Direction)、メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)、そしてザ・ウィークエンド(The Weeknd)らがノミネートされている。

 またエドはバラード「シンキング・アウト・ラウド」で最優秀楽曲賞にも名前が挙がっている。同部門にはウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)とチャーリー・プースの「シー・ユー・アゲイン」、マーク・ロンソン(Mark Ronson)とブルーノ・マーズ(Bruno Mars)の「アップタウン・ファンク」、テイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が含まれている。

 エドの「シンキング・アウト・ラウド」が収録されているアルバム『x(マルティプライ)』は最優秀ポップ/ロックアルバム賞にノミネートされており、サム・スミスの『イン・ザ・ロンリー・アワー』、テイラー・スウィフトの『1989』と争う。さらにエドは最も好きな男性ポップ/ロックスター部門でニック・ジョナス、サム・スミスと共に名前が挙がっている。

 最も好きな女性ポップ/ロックスター部門には、テイラー・スウィフト、アリアナ・グランデ、メーガン・トレイナーらが参戦した。

 アメリカン・ミュージック・アワードには他にも最優秀サウンドトラック賞、最優秀新人賞など多くの部門があるほか、カントリー、オルタナティブロック、アダルトコンテンポラリー、エレクトロニックダンスなどジャンルごとに細かく分かれている。

 授賞式はジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の司会で11月22日、ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催される。ラスベガスでの常設公演を控えるジェニファーがステージでパフォーマンスを披露する予定だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。