15.10.13(Tue)

ジム・キャリー、自殺した元恋人の葬式で号泣

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジム・キャリー

 カナダ出身のコメディ俳優ジム・キャリー(Jim Carrey)が10日、アイルランドで営まれた同国出身のメイクアップアーティスト、キャスリオナ・ホワイト(Cathriona White, 30)さんの葬式に出席し、自殺した元恋人の死を悼んだ。

 『マスク』などで知られるジムは涙をこらえ、目に見えて憔悴した様子で、300人の参列者と共にキャスリオナさんの地元ティペラリーにある「アワ・レディー・オブ・ファティマ教会」であったミサで最期のお別れをした。

 ジムは5人の男性の友人や遺族らと共に棺を運ぶ役目も務めた。キャスリオナさんの遺体は同じ教会で父パット(Pat)さんの隣に横たえられた。棺が地面に下ろされる間、ジムは遺族らと抱き合っていた。

 キャスリオナさんの遺体は父親の3周忌の2日後にあたる9月28日、カリフォルニア州シャーマンオークスの借家を訪れた友人らによって発見された。現場に到着した当局の担当者は4種類の強力な薬物と遺書を発見。遺書には数日前に別れたジムのことも書かれていたという。

 英The Mirror紙によると、先週にはカリフォルニア州アルタデナにある「ゾーシアン・ランチ」でもささやかな告別式が執り行われ、キャスリオナさんのアメリカでの友人らが最期のお別れをしていたという。

 キャスリオナさんとジムは2012年から破局と復縁を繰り返していた。悲報を知ったジムは声明を発表し、次のようにコメントしている。「大切なキャスリオナの死にショックを受け、深く悲しんでいます。彼女は本当にやさしく、デリケートなアイルランドの花で、この土(アメリカ)には繊細すぎ、その愛情をもってみんなに愛された彼女は輝きを残しました。私の心は家族や友人、そして彼女を愛し、大切にしていた人たちみんなと共にあります」

 ジムはキャスリオナさんの遺族によって葬式に招待され、プライベートジェット機で9日にアイルランドに向かった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。