15.09.29(Tue)

「MAD MEN」のジョン・ハム、アニメ「スポンジ・ボブ」に出演決定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジョン・ハム

 米人気TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」のドン・ドレイパー役で知られる俳優のジョン・ハム(Jon Hamm, 44)が、米アニメ「スポンジ・ボブ」に出演することが分かった。

 ジョンはこれまでに15回エミー賞にノミネートされていたが、20日に開催された今年の授賞式で、ついに念願の主演男優賞を獲得した。

 児童向けチャンネル「ニコロデオン」は悲願を達成したジョンが人気アニメ「スポンジ・ボブ」に参加すると発表した。同シリーズは海底にあるビキニタウンに住むスポンジ・ボブと仲間たちを主人公とし、ジョンはドン・グルーパーというキャラクターの声を担当する。「MAD MEN」でジョンが演じたキャラクターにひねりを加えた存在で、「広告会社グルーパー、ゴビー&コイのカリスマ的な社長」だという。

 「ドンが部屋にいると、みんなが彼の言葉をまるで高額なオーガニックはちみつみたいにうのみにする」とプロデューサー陣は声明で説明している。

 クランシー・ブラウン(Clancy Brown)が声を担当するカーニさんはカーニバーガーを冷凍食品として売り出すため、グルーパー氏に支援を求める。

 ジョンが「MAD MEN」で演じたキャラクターをまだ手放したくないのは当然だろう。クリスティナ・ヘンドリックス(Christina Hendricks)やエリザベス・モス(Elisabeth Moss)らも出演した同ドラマは今年、大成功を収めた放送をシーズン7で終えた。

 ジョンはエミー賞授賞式のバックステージで、ドン・ドレイパーがどれだけ自分にとって大切な存在なのかを語った。

 「あるキャラクターをこれほど長い間演じるのは、祝福であると同時に不幸の元凶でもあるんだ」とジョンは記者らに説明した。「たくさんの意味で夢の仕事だが、犠牲もつきものだ。精神的、感情的にとても厄介だし、内部を切り裂き、後になっても尾を引く。先頭で作業する鉱山労働者というわけでも、世界で最も大変な仕事というわけでもない。でも、誰にでもできる仕事じゃない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。