15.09.25(Fri)

エイミー・ポーラー、BFのニック・クロールと破局!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エイミー・ポーラー

米人気コメディ女優のエイミー・ポーラー(Amy Poehler)が、過去2年間交際したコメディアン、ニック・クロール(Nick Kroll)と破局したことをUs Weekly誌が伝えている。

「残念なことですが、ふたりのスケジュールがそれぞれこう忙しくては、うまくいかなかったんです」と二人を知る事情通が同誌に対して語っている。

「ふたりともかなり努力したのですが、もう現実的にはどうにもならない感じでした。一緒にいる時間より、離れている時間ばかりが増えていったんです」

エイミーは、これから3つの映画への出演を控えており、そのひとつはウィル・フェレル(Will Ferrell)と共演する『The House』である。ニックも、コメディ分野で5つほど仕事のプロジェクトを抱えている。

2013年5月にふたりが交際を開始したことを最初に報じたのも、皮肉なことにUs Weekly誌だった。ニックは、エイミーが2012年に9年間連れ添った前夫ウィル・アーネット(Will Arnett)と離婚後に最初につきあった男性だった。

「彼女は、自分のユーモアを理解できる、コメディアンの男性を求めると思います」と、当時ある事情通は語っていた。

エイミーは、ウィルとの間にアーチ―(Archie、6)君とアベル(Abel、5)君のふたりの息子がいる。

2014年に出版した自著『Yes Please』において、エイミーはニックについてこんなエピソードを披露している:

「わたしには、自分の気持ちを穏やかにしてくれるボーイフレンドがいる。わたしの胸に手をそっと置いて、特に面白くもない物語を語って聞かせてくれる。夜もともに一緒に過ごすようになったある晩、わたしが自分がいびきをかいていたことに気づいて起きあがって彼に謝ると、わたしが何を言うのか聞くために彼は寝る前につけていた耳栓を外してくれた。わたしがこれまでで目にした、最もロマンティックな行為のひとつだった」

ディズニー/ピクサーの最新作ヒットアニメ映画『インサイド・ヘッド』では、「ヨロコビ」の声を担当したエイミー。感情的には「ヨロコビ」に感情的には同一化できたというが、実生活では「カナシミ」の気持ちを抱くことも恐れないという。

「そうね、「カナシミ」もいつでも自分の友達であり得るということは忘れないでいたいこと。それが、助けになりこともあるのだもの。いろいろ反発し合う感情に見舞わられる時には、よくそういうことを考えるわ。映画の画面上。それがどう見えるかが気になる今となっては、特にね!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。