• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • サラ・ジェシカ・パーカー、劇場版『セックス・アンド・ザ・シティ』第3作を否定!

15.09.19(Sat)

サラ・ジェシカ・パーカー、劇場版『セックス・アンド・ザ・シティ』第3作を否定!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

サラ・ジェシカ・パーカー

 女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker, 50)が、米HBOの人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」(SATC)の劇場版第3作の予定はないと強調している。

 サラはドラマ版の「SATC」と、2008年公開の劇場版『セックス・アンド・ザ・シティ』、2010年の続編『セックス・アンド・ザ・シティ2』でキャリー・ブラッドショーを演じた。ここ数年、劇場版第3作の製作が動き出すという噂が流れているが、サラは新作映画の話はまったくないと力説した。

 「何も決まってないわ」とサラは15日、米トーク番組「トゥデイ」でのインタビューで答えた。「そもそも、そんな話はほとんどしていない。それは私も、(プロデューサーの)マイケル・パトリック(・キング、Michael Patrick King)もよく分かっていることで、もし語るべきストーリーがあるなら、その可能性があることはある。でも、別にお茶を濁しているわけじゃないけど、現実を言えば、いつそうするかは話し合ったことがないの」

 劇場版第2作ではキャリーがついにクリス・ノース(Chris Noth)演じるミスター・ビッグと結婚し、幸せなエンディングを迎える。またサラは、製作される可能性に備え、第3作のストーリーはすでに完全に決まっているとも説明した。

 「私の発言は深読みされるから、答えるのがとても難しい質問だわ」とサラ。「ストーリーはあるの。それがいつ、あるいは本当に語られるのかどうかは、全く何も決まっていないの。はっきり分かってくれるかしら?」

 マイケルはTVシリーズと劇場版で脚本を担当しており、ぜひキャラクターたちを復活させたいと語ったことがある。2014年2月のインタビューで、マイケルはサラと第3作の可能性について広く語り合ったことがあると認めた。

 「サラ・ジェシカと僕は、最終章がどんなものになるのか分かっている」とマイケルは米Entertainment Weekly誌で語っている。「だからと言って、実現するとか、実現させるべきだということにはならないが、ストーリーはあと1つ残っている。それがいつ実現するのかは全く別の話だ。でも頭の中には4人の女性がいる。他にも語るべきストーリーとキャラクターがいるが、まだ活字にはなっていない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。