• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • テイラー・スウィフト、ヒットチャートでケイティ・ペリーを上回ることに執着?

15.09.10(Thu)

テイラー・スウィフト、ヒットチャートでケイティ・ペリーを上回ることに執着?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

テイラー・スウィフト

 人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 25)は、ヒットチャートで同じく人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry, 30)を上回るという強迫観念に駆られているらしい。

 テイラーはしばらく前からケイティとの対立が噂されている。テイラーの最新ヒットアルバム『1989』に収録された「バッド・ブラッド」(反目)は、ケイティとの関係を歌っているとみられているが、2人の不仲はそれにとどまらないようだ。

 米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」によると、テイラーは『1989』からシングルカットされた曲すべてをケイティの曲より高くランキングさせることに執念を燃やしているという。

 「7つの曲でナンバーワンを目指しているんだ」と業界関係者を名乗る事情通は同サイトに語っている。「ケイティはマイケル(・ジャクソン、Michael Jackson)と並んで、同一アルバムから5曲のナンバーワンヒットを生み出したという記録を達成していて、テイラーはケイティに勝ちたがっている。記録更新を狙っているんだ」

 テイラーは2014年10月に『1989』がリリースされる前、少人数でのリスニングセッションの場をもうけ、ラジオDJやプロモーター、メディア関係者に全力で働きかけていたと言われている。

 「彼女はラジオ界の有力者全員の名前を知っていて、良い関係を築くやり方を熟知している。完全なプロだ」と関係者は説明した。

 テイラーの努力は実り、シングルカットされた5曲のうち「バッド・ブラッド」、「シェイク・イット・オフ」、「ブランク・スペース」の3曲がこれまでに米Billboardのチャート「Hot 100」でナンバーワンを獲得している。

 しかし記録更新を狙うテイラーの野心は、ケイティへの対抗心だけが原動力ではないと別の事情通は指摘している。

 「もちろん他の同年代のアーティストに勝ちたいという動機もあるが、それはあくまで友好的な競争だ。彼女は最高の音楽、最高のコンサートをファンに届けることに全神経を集中している」と別の事情通は語り、こうつけ加えた。「このアルバムのヒットには大満足している。ナンバーワンシングルの話は、レーベルが心配していればいいことだ。テイラーはその話にはまったく興味がない。ツアーでコンサートをすることしか頭にないんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。