• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ワークアウト狂のキンバリー・スチュワート、父ロッドに自宅ジムの電気を切られた過去も!

15.08.19(Wed)

ワークアウト狂のキンバリー・スチュワート、父ロッドに自宅ジムの電気を切られた過去も!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

キンバリー・スチュワート

モデルのキンバリー・スチュワート(Kimberly Stewart,35)は、見た目を気にする稼業とあって、自ら認めるかなりのワークアウト狂で、独特でハードなトレーニング方法を好むとのこと。

キンバリーの父親といえば、ロックの大御所歌手ロッド・スチュワート(Rod Stewart)だが、ロッドは娘を心配して、極端な手段を使って娘の過激なワークアウトを止めにかかることも娘とまだ一緒に暮らしていた頃にはあったのだとか。

「わたしって、少し極端なほどワークアウトするのよ。一番の好みはトレイシー・アンダーソン(Tracy Anderson。米著名トレナー)のメソッド。その上、ジムを華氏85度(摂氏29.4度)ぐらいの温度にあげて、わたしはトレーニングするの」と、英Hello!誌にキンバリーは打ち明けた。

「汗がダラダラ出るから、すごくいいのよ。でも、そこまでするのを父はやり過ぎだと思っているから、自宅ジムの暖房機操作盤に鍵をかけて、わたしが触れないようにしたこともあるのよ。そこで、持ち運べる暖房パネルを9台買い込んで、ジムに持ちこむようにした。そうしたら、今度は、ジムの電源そのものを父は切っちゃったのよ!ジムをめぐる、ちょっとした親子戦争だったわ」

ロッドにとって初孫となった、4歳の娘デライラ(Delilah)ちゃんの母であるキンバリーは現在は母親業にも忙しく、昔ほどファッション一筋に頭が向かなくなったとも語った。

「今は、着心地が優先。デライラと一緒の時にハイヒールは履いていたくないもの。ビンテージものの服は好きだし、オシャレをするのも好きだけれど、朝起きてまず着るのはジム用のワークアウト服で、歯を磨いてそのまま家を出発しちゃう、という毎日だわ」

しかし、そんなキンバリーが強いこだわりを持っているのはスカーフ。それゆえに、スカーフ&ハンカチの英ブランド「Rockins」の共同創立者デザイナーであるジェス・モリス(Jess Morris)とコラボで、自身のスカーフラインを同ラベルから出しているほど。「Rockins」といえば、ロックンロールのテーストが強く、キンバリーの父ロッドが往年に好んだファッションからもインスピレーションを受けていることで知られるブランドだ。

「父は1970年代には、いつも首にスカーフを巻いていて、それをカッコいいものにしてみせた。今日顔を会わせた時の父の姿といえば、フランネル地の短パンに、わたしのデザインした細いスカーフという出で立ちだったのだけれど、それでもカッコよく見えるのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。