15.08.18(Tue)

再婚したジェニファー・アニストン、養子縁組で近く母親に?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェニファー・アニストン

 今月に俳優のジャスティン・セロー(Justin Theroux, 44)と再婚した女優のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston, 46)が、近く養子縁組をして家族を持つ準備に入ったと伝えられている。

 2人は今月、ロサンゼルスのベルエア地区にある自宅に家族や友人を招き、サプライズ結婚式を開いた。式ではジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)が司宰を務め、ハワード・スターン(Howard Stern)とロバート・ダウニーJr.(Robert Downey Jr.)がスピーチを披露した。

 2012年に婚約した2人にとっては待ち遠しい結婚式だったが、すでに夫婦生活を次のステップに進める気持ちを固めているようだ。

 「ジェンとジャスティンは子どもをすごくほしがっていて、まずは結婚してから完ぺきな家族を持ちたいと思っていたの。米国内で養子縁組をするつもりで、ジェンは以前から、米国出身の子どもに家庭を与えてあげたいと強く感じていたわ」とある事情通は英Closer誌に語っている。「ジェンはずっと前から母性本能が強いタイプだったけど、自然な形での妊娠は難しいという事実を受け入れているし、代理母出産もあまり望んではいないから、2人にとっては養子縁組が一番しっくりくる選択肢みたい」

 ジェニファーはジャスティンの妻になったことに幸せを感じ、極秘で結婚式を挙げられたことを喜んでいるという。出席したゲストは75人ほどで、ジェニファーと米人気TVドラマ「フレンズ」で共演したリサ・クドロー(Lisa Kudrow)とコートニー・コックス(Courteney Cox)の姿もあったとみられている。先週誕生日を迎えたジャスティンのパーティーだと伝えてゲストたちを招いていたという。

 「とてもカジュアルで控えめなパーティーだったわ。ジェンとジャスティンがよく開くハウスパーティーみたいなものだったけど、普段とは違う工夫もあった。ロサンゼルスにあるジェンの好きなベーカリー、ハンセンズ製のストロベリー・ウェディングケーキなど、たくさんのおもてなしもあった。上には2つのマペットも載せられていて、自分たちのことをそう呼んでいる2人にはまさにぴったりだったの!」と事情通は笑顔で話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。