• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ケリー・ラザフォード、カリフォルニア州に続きニューヨーク州でも親権裁判が却下!

15.07.31(Fri)

ケリー・ラザフォード、カリフォルニア州に続きニューヨーク州でも親権裁判が却下!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ケリー・ラザフォード

 米人気TVシリーズ「ゴシップガール」で知られる女優のケリー・ラザフォード(Kelly Rutherford, 46)が子どもたちの親権を争っている裁判をめぐり、カリフォルニア州に続きニューヨーク州でも審理を却下された。

 ケリーは2009年に離婚した元夫ダニエル・ギエルシュ(Daniel Giersch)との間に2児をもうけている。子どもたちはダニエルが米国ビザを取り消された2012年以降はモナコで暮らしている。先週、カリフォルニア州の裁判所はケリーや子どもたちが同州に何の関わりも持っていないことを理由に_、親権裁判については管轄権を持っていないという判断を示した。ケリーは27日、ニューヨーク州裁判所も同じ結論に達したことで、さらなる打撃を被ったと明かした。

 「カリフォルニアもニューヨークも管轄を持っていない。なら、アメリカで生まれた米国市民の子どもたちの管轄を持っているのはこの国の誰なの?」とケリーは米People誌に問いかけた。「子どもたちはダニエルのビザの問題に対応するため一時的にカリフォルニアに行かされたのに、今度はカリフォルニアが子どもたちを返してくれないなんて」

 元夫妻はエルメス(Hermés, 8)君とヘレナ(Helena, 6)ちゃんの共同親権を認められている。子どもたちは現在、夏休みを母親と一緒にアメリカですごしているが、普段はドイツ出身のダニエルとモナコで暮らしている。

 ケリーは2012年にカリフォルニア州判事が認めた共同親権は一時的なものだったはずだと主張し、それ以降は子どもたちをアメリカに戻すことを求めて争っている。

 「アメリカ人の母親と、アメリカで生まれた子どもたちの話なのに、とても信じられない」とケリーはつけ加えた。「先人たちはこの国のため、_私たちが享受している自由のために戦ったのに」

 ケリーは米大統領選に名乗りを挙げたヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)に面会したほか、ジョン・ケリー(John Kerry)米国務長官にも接触し、事態の打開を訴えているが、「進展はない」ようだ。ケリーはPeopleに対し、現在の状況を「法律による誘拐」だと話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。