15.07.11(Sat)

殺人脅迫で訴追されたAC/DCのドラマー、8ヶ月間の自宅軟禁に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

フィル・ラッド

 殺すと脅迫した疑いで起訴された豪ロックバンドAC/DCのドラマー、フィル・ラッド(Phil Rudd, 61)に、8ヶ月間の自宅軟禁の判決が下された。

 ラッドは昨年11月、殺人を依頼した容疑で逮捕された。同罪での起訴は取り下げられたが、殺人脅迫とメタンフェタミンならびにマリファナ所持の罪で起訴された。ラッドは4月に有罪を認めている。

 豪ニュースサイト「news.com.au」によると、ラッドは9日に法廷で8ヶ月間の自宅軟禁を命じられた。また、リハビリ治療を受けることに加え、自宅軟禁の終了後には6ヶ月間の保護観察が始まる。自宅軟禁で違反した場合、ラッドは刑務所送りになる。

 ニュージーランドの「TVNZ One News」によると、トーマス・イングラム(Thomas Ingram)判事はラッドに対し、自宅軟禁中はあらゆる行動が電子的にモニタリングされるため、ドラッグを服用した場合は「逃げ場がどこにもない」と伝えたという。

 ラッドは5月のインタビューで、AC/DCのメンバーたちは今回の逮捕以降、自分を見捨てたと力説した。

 「みんな、本当の友だちが誰なのか分かっているつもりだろう」とラッドは豪TV番組「A Current Affair」で語った。「アンガスや他のやつらと連絡をとろうとして、手紙を書いたが、全然返事がない。本当にがっかりした。でも、それが人生というものだ」

 「自分の過ちを見てきたし、これからも坂道は続く」

 AC/DCは現在、アンガス・ヤング(Angus Young)とブライアン・ジョンソン(Brian Johnson)、クリフ・ウィリアムズ(Cliff Williams)、スティーヴィー・ヤング(Stevie Young)で構成。メンバーらは以前、ラッドの状況について「残念」だと語っている。

 「あいつはある状況に自分を追い込んだ。自分で抜け出さなければならない」とクリフは英The Sun紙とのインタビューで語った。「(アルバム『ロック・オア・バースト』とシングル『プレイボール』の)ビデオ撮影に姿を見せなかったから、友人のボブ・リチャーズ(Bob Richards)が代役を務めた。でもオレたちは前に進みたい。フィルは心を入れ替える必要がある。それには時間がかかる」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。