15.07.03(Fri)

人気上昇中のエイミー・シューマー、散々な恋愛エピソードを披露!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エイミー・シューマー

 人気急上昇中のコメディアン、エイミー・シューマー(Amy Schumer, 34)は、付き合ってから1週間以内に男性の母親に会うよう求められたことが何度もある。

 エイミーは米人気深夜バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で共演したヴァネッサ・ベイヤー(Vanessa Bayer)、ビル・ヘイダー(Bill Hader)らと再びタッグを組み、自身が脚本を書き、ジャド・アパトー(Judd Apatow)が監督を務める最新作『Trainwreck(原題)』に出演している。同作でエイミーは同じ名前のキャラクターを演じ、一夜だけの関係がそれ以上に発展することへの不安と戦う姿を描いている。

 作品ではエイミーの実体験をベースとしたエピソードも数多く、過去の奇妙な出会いのエピソードを明かした。

 「もう、たくさんあるわ。大体は変な話だけど…。付き合ってから1週間もしないのに、『母が今日、ランチに来る』と言ってきた男性が何人かいたわ。『いいえ、あなたのお母さんになんて会いたくないから』と断ったけど」とエイミーはエンターテイメント情報サイト「PopSugar」とのインタビューに笑顔で語った。「男の人には空気を読んでと言いたい! 男の人にフラれたこともあるけど、『ええ、当然よね。あなたにとっては良い選択だわ』と思ったものよ。でも男性にそれを知られたら、1度だけのデートが最後だと知られたら、彼らは『何だって?』となる。自尊心をすごく傷つけられるの。それでも気持ちを抑えるしかないわ」

 『Trainwreck』は普通のラブコメディとは違い、主人公は恋愛を避けている。このジャンルで好きな映画は何かと質問されたエイミーは、『めぐり逢えたら』などメグ・ライアン(Meg Ryan)主演の映画と、『ザ・マペッツ』を挙げた。後者の理由は、ミス・ピギーとカエルのカーミットの関係に感情移入できるからだという。

 しかしエイミーは実体験をそのまま演じることはしなかった。あるシーンは現実のほうがひどかったという。

 「ジョン・シナ(John Cena)とのシーンで、私が他の男性とも寝ていることを知るところがあるの。現実にはそんなことしなかったけど、別の人に興味を感じ始めたことはあって、当時のボーイフレンドにメールをチェックされたの。彼にそのことを聞かれたときは頭がもうろうとしたわ」とエイミーは振り返った。「そんな時は相手をなぐさめたり、関係を維持する努力をしたりするものだけど、私はただ『もう_帰っていい?』と言っただけ。それは映画に使わないでいいかもと思った」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。